ウイルス情報

ウイルス名

VCL

VCLは、ファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、COMMAND.COMを含む.COMファイルに感染する。下記の亜種の欄にある各ウイルスも、Nowhere Manが作成したV.C.L.の1バージョンによって作成された。V.C.L.とは、ウイルス作成作業を容易にすることを目的としたファイルである。

VCLウイルスに感染したファイルが実行されるたびに、このウイルスは、現行ディレクトリ内でまだ感染していない1つの.COMファイルに感染する。