製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:V
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
VCS
VCSは、.COMファイルに感染する1,077バイトの非常駐、ダイレクトアクション型ウイルスの亜種を作成するファイルである。

VCSファイルは、実行されると、ウイルスが活動化するまでの生成回数と、ウイルスに関するメッセージを含むテキストファイルの名前を入力するよう、ドイツ語でユーザに求めてくる。その後、VCSファイルは、VIRUS.COMというファイルを作成するが、これは、ユーザの指定に対して生成される本稼動ウイルスである。このウイルスは暗号化されているので、ユーザが入力したテキストメッセージを確認することはできない。

また、VIRUS.COMファイルが実行されると、VCSが生成した1,077バイトのウイルスが、現行ディレクトリ内の1つから最大3つの.COMファイルに感染する。現行ディレクトリ内にCOMMAND.COMがある場合は、そのCOMMAND.COMにも感染することがある。