ウイルス情報

ウイルス名

Vienna

Viennaは、ファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、COMMAND.COMを含む.COMファイルに感染する。

Viennaウイルスは、オーストリアのウィーン在住の高校生によって、実験的に作成された。そのソースコードは何度も公開されているため、多数の亜種と、ある程度Viennaコードに基づいた別種のウイルスが確認されている。

Viennaウイルスに感染したファイルが実行されるたびに、このウイルスは、現行ディレクトリ内でまだ感染していない1つのファイルに感染する。