ウイルス情報

ウイルス名

Viking

Vikingは、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、COMMAND.COMを含む.COMファイルおよび.EXEファイルに感染する。

感染すると、5,136バイトの終了後常駐型(TSR)プログラムとして、低位のシステムメモリに常駐するようになり、割り込み21をフックする。このウイルスは、COMMAND.COMのブートコピーに感染する。このとき、システムハングを引き起こす場合がある。

いったんこのウイルスがメモリに常駐すると、.COMファイルおよび.EXEファイルが実行またはオープンされた場合、あるいはDOS DIRコマンドが実行された場合に、それらのファイルに感染する。

Vikingが自己複製以外に何を行うかは、分かっていない。