製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:V
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/VCK.3037
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4289
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4289 (現在7576)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日03/08/26
発見日(米国日付)03/08/22
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/28RDN/Generic ...
09/28RDN/PWS-Bank...
09/28RDN/Spybot.b...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7576
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/VCK.3037は、プログラムヒューリスティックスキャンを実行すれば、どの定義ファイルにおいても“New Win32”として検出されます。

・W32/VCK.3037はPEファイル感染ウイルスを暗号化したものです。実行されると、C:\WINDOWSとC:\WINDOWS\SYSTEMディレクトリおよびカレントディレクトリにある.EXEファイルに感染します。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・感染したファイルは“Virus : Win32.FlyPig Author : Vck”というテキストを含んでいます。

・このテキストは暗号化されていて、直接確認できません。

感染方法TOPへ戻る
・感染したファイルを実行すると、C:\WINDOWSとC:\WINDOWS\SYSTEMディレクトリおよびカレントディレクトリにあるファイルに直接感染します。

・W32/VCK.3037はメモリ常駐ではありません。

駆除方法TOPへ戻る
■スクリプト型、バッチ型、マクロ型および非メモリ常駐型

・現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使って検出・駆除して下さい。


■PE型、トロイの木馬、ワームおよびメモリ常駐型

・指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使って検出できます。駆除するには、MS-DOSを起動するか、起動ディスクからコマンドラインスキャナーを使用して下さい:SCANPM /ADL /CLEAN /ALL

Windows ME/XPでの駆除についての補足

P2Pクライアント、IRC、Eメールまたはファイル共有できるメディアから受信したファイルアイコンはウイルスの可能性がありますので、ご注意下さい。


AVERT推薦アップデート