ウイルス情報

ウイルス名

VBS/VBSWG.Z@MM

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4139
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4139 (現在7656)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Mawanella, VBS.VBSWG.Z (CA), VBS.VBSWG2.Z@MM (NAV) , VBS_VBSWG.Z (Trend) , VBSWG.Z@MM (F-Secure)
情報掲載日 01/05/18
発見日(米国日付) 01/05/17
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


    このウイルスは現在、米国を中心に大量発生しております。しかし日本のAVERTウイルス研究所の調べにより、日本語Windows環境ではこのウイルスが動作しないことが分かりました(Windows95,98,ME,NT,2000にて確認)。

    つまり日本のユーザーの皆様は、このウイルスについてそれほど過剰に警戒する必要はありません。しかしながら今後、日本語環境でも動作可能な亞種が発生する可能性があるので、ウイルス定義ファイル(DATファイル)やエンジンの更新は継続的に行っていただけるようお願いいたします。(2001/5/18)

  • これは暗号化されたVBScriptウイルスです。

  • いわゆるメール送信型ウイルスです。以下のような形式のメールでユーザーの元に届きます。

    件名Mawanella
    本文Mawanella is one of the Sri Lanka's Muslim Village
    添付ファイルMawanella.vbs

  • 添付ファイルをクリックすると、以下のようなメッセージボックスが開きます。
  • さらに自分自身を"Mawanella.vbs" という名前でWindowsのSystemディレクトリにコピーし、Outlookアドレスブックのすべての宛先に上記の形式のメールを勝手に送付します。

  • メール送信発病は、Mawanella.vbs がクリック実行されるたびに発生します。ただしこのVBSファイルはWindowsのスタートアップに登録されるわけではないので、ほとんどの場合、メール送信は一度だけになるはずです。
  • メール送信以外に破壊活動はありません。