ウイルス情報

ウイルス名 危険度

VBS/VBSWG.aw@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4232
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4232 (現在7634)
対応エンジン 4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 VBS.Melhack.C@mm (Symantec)
情報掲載日 02/11/07
発見日(米国日付) 02/11/05
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

  • VBS/VBSWG.aw@MM は、定義ファイル 4132 以降でマクロ/スクリプト ヒューリスティックを有効にしてスキャンすると、“New Script”として検出されます。

  • VBS/VBSWG.aw@MM は大量メール送信型ウイルスで、ファイル上書きウイルスでもあります。また、自身をフロッピーディスクにコピーします。このウイルスは、次のような電子メールメッセージで届きます。

  • 添付ファイルが開かれると、ウイルスが復号、実行されます。次のメッセージボックスが表示されます。

  • Windows ディレクトリ(“WIN” の文字列を含むディレクトリ)にウイルスのコピーが2つ、SYSMEL32.EXE.VBS 及び XXX-GIRLS-FOR-YOU.JPG.VBS として保存されます。また、システム起動時にウイルスを読み込むようレジストリ実行キーが作成されます。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\WinUpdate\wscript.exe c:\windows\sysmel32.exe.vbs %

  • 送信後に作成されるレジストリマーカの有無をチェックして、これまでに自身を外部に送信したかどうかを確認します。マーカが存在しない場合、ウイルスは大量メール送信ルーチンを実行します。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft=1

  • ウイルスは、Microsoft Outlook の受信トレイ、送信トレイにある全てのアドレスに自身を送信します。また、これらのフォルダにあるメッセージの添付ファイルを削除し、ウイルス作成者に以下のメッセージを送付します。

  • 別のメッセージボックスが表示されます。

  • 特定の拡張子(VBS、VBA、JPG、GIF、EXE、COM、DOC、XLS、MDB)を持つファイルが上書きされます。しかし、このウイルスは“*.*”拡張子を持つ全てのファイルもターゲットとするため、ほぼ全てのファイルが上書きされます。

  • 自身を A:\ ドライブに無作為にコピーします。以下のファイル名を使用する可能性があります。

    • XXX-WEBSITE-LIST.txt.vbs
    • FULL-SEX-STORY.txt.vbs
    • Got_It.txt.vbs
    • THE-ASIAN-GIRLS.JPG.vbs
    • PAMELA-ANDRESON.JPG.vbs
    • CAN-YOU-SUCK-IT.txt.vbs
    • HOW-TO-MAKE-YOUR-OWN-VIRUS.TXT.vbs
    • 1001-Sex-Story.JPG.vbs
    • About_Me.txt.vbs
    • Sex_For_You_Life.JPG.vbs


TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 上記のファイル名とメッセージボックスを表示する。
  • アプリケーションが実行不能となる。
  • Windows が起動できない。


TOPへ戻る

感染方法

  • この VBScript は電子メールの添付ファイルとして到着し、添付ファイルが実行されるとローカルマシンが感染する。

TOPへ戻る