ウイルス情報

ウイルス名

VCM

VCMは、ファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、COMMAND.COMを含む.COMファイルに感染する。

VCMウイルスに感染したファイルが実行されるたびに、このウイルスは、現行ディレクトリ内のすべての.COMファイルに感染する。その後、システムハングが発生する。