ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Vavico.worm

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4354
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4354 (現在7656)
対応エンジン 4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Trojan.Vavico (Symantec) Win32.HLLW.Vavico (Kaspersky)
情報掲載日 04/04/27
発見日(米国日付) 04/04/23
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・検出範囲が拡大され、ローカルフロッピーのワームも検出できるようになりました。電子メールやネットワークドライブを介して拡散することはありません。

・実行されると、ファイルが有効なWindowsアプリケーションではないことを示す偽のエラーメッセージを表示します。その間、悪意のある活動を実行します。

・"Your pc is vicious___83...! -cjbprog,...By @DhieSoft-というメッセージが表示される場合があります。

・ドロップ(作成)されたc:\winnt\x-logo.bmpビットマップが表示される場合もあります。



・デスクトップには、以下のようなファイルが置かれます。

  • Shakira.mp3.exe
  • Download.zip.exe
  • Freebsd.doc.exe
・フロッピー(A:\)ドライブに自身をコピーしようとします。
  • Sexy.bmp.exe
  • Pikachu.bmp.exe
  • Linux.doc.exe
  • Antidebug.rar.exe
  • Ebooks.pdf.exe
・C:ドライブのルートにファイルをドロップ(作成)します。
  • Bios.doc.exe
  • Christina Aguilera I turn to you.mp3.exe
  • Funny.bmp.exe
  • Password.mdb.exe
・さらに、%windows system32ディレクトリにファイルを作成します。
  • Eax.exe
  • Msvrt.exe
  • Term32.exe
・また、%windowsディレクトリにファイルを作成します。
  • Exploder.exe
  • Krnl836.exe
  • Run.exe
・C:\Program Files\Norton Antivirus\navw32.exeを作成します。

・C:\winnt\pc-health\pcguard.exeを作成します。

・C:\winnt\installer\temp\shakira.mp3.mp3を作成します。

・C:\winnt\system32\3d_papa_buzzie.scrにデータが設定された、HKCU\Control Panel\Desktop "scrnsave.exe"というレジストリキーを作成します。

・HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Runに、以下の値を持つレジストリキーを作成します。
  • "Norton Antivirus"と、上記のnavw32.exeファイルへのポイント
  • "Kernel32"と、上記のkrnl836.exeファイルへのポイント
  • "Terminal Services"と、上記のterm32.exeファイルへのポイント
・HKLM\Software\Microsoft\Command Processor "Autorun"に、echo off!copy c:\winnt\config\driver.idf c:\mario.exe|cls|echo.___vicious83(...by Buggie-haeza-tsu)という新しいデータを作成します。

・ウイルス対策ソフトウェア(McAfee、PCCillin、Norton、Panda)を妨害しようとします。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 上記のファイルが存在します。
  • 画面に通常にはないメッセージが表示されます。
  • 予期せぬファイルがフロッピードライブに自動的にコピーされます。

TOPへ戻る

感染方法

バイナリファイルを手動で実行すると、感染が開始されます。電子メールやネットワークを介して自動的に拡散することはありません。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る