製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → 脆弱性情報 → 詳細情報
脆弱性情報
名前
(MS10-049) Microsoft Windows TLS/SSL の再ネゴシエーションの脆弱性 (980436)
タイプロジックエラー
脆弱性の利用による影響なりすまし
ユーザの操作ユーザの操作は不要
攻撃ベクトル悪質なリモートのネットワークトラフィック
深刻度
CVE参考資料CVE-2009-3555
ベンダーの対応状況対応済み、修正プログラム適用済み
脆弱なシステムWindows 2000 SP4,
Windows XP SP3,
Windows XP X64 SP2,
Windows 2003 SP2,
Windows 2003 x64 SP2,
Windows 2003 Itanium SP2,
Windows Vista SP1,
Windows 2008,
Windows 2008 Itanium,
Windows 2008 x64,
Windows Vista SP2,
Windows 2008 SP2,
Windows 2008 Itanium SP2,
Windows 2008 x64 SP2,
まとめTLS 1.0(以降)およびSSL 3.0(以降)の脆弱性により、中間者によるなりすまし攻撃が仕掛けられる
経過説明McAfee製品の緩和策と勧告補足
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/28RDN/Download...
07/28Generic.dx!0...
07/28Generic Down...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7514
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


経過TOPに戻る
2010/8/10

・ベンダーが修正プログラムを提供しました。

2010/2/9

・ベンダーが修正プログラムを提供しました。


説明TOPに戻る

・TLS 1.0(以降)およびSSL 3.0(以降)の脆弱性により、中間者によるなりすまし攻撃が仕掛けられる可能性があります。Microsoft Internet Information Services (IIS) 7.0、Apache HTTP Server 2.2.14以前のmod_ssl、0.9.8lよりも前のOpenSSL、GnuTLS 2.8.5以前、Mozilla Network Security Services (NSS) 3.12.4以前をはじめとする製品で使われているTLSプロトコル、SSLプロトコルのバージョン3.0で、再ネゴシエーションのハンドシェイクが既存の接続と正しく関連づけられず、中間者によるなりすまし攻撃を仕掛ける攻撃者が、無許可のリクエストを送信して、データをHTTPSセッション、もしくはTLS、SSLで保護されている他のセッションに挿入できます。この脆弱性は3.0以前にも存在する可能性があり、リクエストは再ネゴシエーション後にサーバによってさかのぼって処理され、「プレーンテキストインジェクション」攻撃(別名、「Project Mogul」問題)に関係しています。マイクロソフトはTLS、SSLの再ネゴシエーションを無効化する暫定処置を適用するアップデートをリリースしていますが、現時点では、ホストにこのアップデートは見あたらないようです。


McAfee製品の緩和策と勧告TOPに戻る
勧告

・2010年2月10日現在、McAfeeはベンダーが提供した修正プログラムやアップデートを確認していません。マイクロソフトは現在、この脆弱性を調査中です。詳細は、http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/977377.mspxを参照してください。この問題の修正プログラムがベンダーからリリースされています(http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-049.mspx)。

McAfee製品の緩和策
McAfee Foundstone

・2月9日付けのFSL/MVMパッケージには、システムが危険にさらされているかどうかを見極めるための脆弱性チェックが組み込まれています。

シグネチャ:
Vulnerability In TLS/SSL Could Allow Spoofing (977377)
シグネチャID:
7891
リリース日:
2010/2/9 McAfee Foundstone

シグネチャ:
(MS10-049) Microsoft Windows TLS/SSL Renegotiation Vulnerability (980436)
シグネチャID:
9714
リリース日:
2010/8/10


補足TOPに戻る
マイクロソフトセキュリティアドバイザリ(977377):TLS/SSLの脆弱性により、なりすましが行われる http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/977377.mspx (MS10-049)Microsoft WindowsのTLS/SSLの再ネゴシエーションの脆弱性(980436) http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-049.mspx