製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:W
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/Walker.E
W97M/Walker.E ウイルスは、"In The Wild"として1999年6月に初めてワイルドリストに登録された。このウイルスは Word 97 の文書に感染する。発病ルーチンはない(自己複製のみ)。 このウイルスは Word 97 のマクロ警告機能をオフにする。Word の NORMAL.DOT ファイルに感染し、ファイルの終了と同時に感染する。

W97M/Walker.E は部分的に暗号化されている。コードのある部分はコメントとして保存され、起動時にシンプル XOR 復号化ループで復号化される。復号化キーは文書中(この後感染する文書)の文字数+1である。

W97M/Walker.E には、次の暗号化されていない文字列が含まれる。(これを使って自己認識をおこなう。画面には表示されない)

'Sattelite v1.0