製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:W
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
WMVH1.A
MS-Word(Windows版、Macintosh版)の V 6.x、7.xに感染する。文書内のウイルスマクロはBIEDEMO, AUTOOPENである。NORMAL.DOT感染後はBIEDEMO, AUTOOPEN, AUTONEW, AUTOCLOSE, AUTOEXECにリネームされる。ウイルスマクロはWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。

10/10に感染文書をオープンすると以下のメッセージボックスが表示される。

-BieDEMO Macro Virus by WMVHX

This is a Demo of Bies's WMVH


OK