製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:W
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Worm-16850
Worm-16850は、作成機能を持つファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、対応する隠れた.COMファイルを作成することによって、.EXEファイルに感染する。

Worm-16850ウイルスに感染したファイルが実行されるたびに、このウイルスは、現行ディレクトリ内で、一致する.COMファイルを持たない.EXEファイルを探す。該当のファイルが見つかると、そのファイルと同じ基本ファイル名を持つ、16,850バイトの.COMファイルを作成することによって、そのファイルに感染する。この新たに作成された.COMファイルには、隠し属性と読み取り専用属性が設定されるため、システムユーザにはこのファイルは表示されない。また、元の.EXEファイルは、いっさい変更されない。