製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:W
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Wabbin@MM
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4213
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4274 (現在7506)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名WORM_CARD.A (Trend)
情報掲載日02/07/12
発見日(米国日付)02/07/11
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/20RDN/Generic ...
07/20RDN/Generic ...
07/20Generic.bfr!...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7506
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る
  • W32/Wabbin@MM は、大量メール送信型ウイルスで、Microsoft Outlook アドレス帳にある宛先に e-mail を送信します。そのメールには、添付ファイルもウイルスコードも含まれていませんが、メールを実行するウェブサイトを指す URL を含んでいます。このウェブサイトは、ウイルスが発見されてからすぐ削除されました。現在ウイルスに脅威はありません。しかし、AVERT は、いくつかのこのウイルスに関するレポートを受け取りました。e-mail メッセージが回りつづけている可能性があります。
  • 下記のようなメッセージです。

  • 件名下記のいずれか
    • % 受信者名 % - this is a funny greeting card.
    • % 受信者名 % - I thought you would enjoy this greeting card.
    • % 受信者名 % - you should enjoy this funny greeting card.
    本文下記のいずれか
    • This greeting card made me laugh, I thought you would enjoy it.
    • Check out this fun greeting card I found, it's hilarious.
    • This greeting card made my day I hope you enjoy it.
  • メール送信をする URL
    • http://www.bluefoxmedia.com/--省略--/sample.htm
  • このウイルスは、Internet Explorer のデフォルトスタートページを http://www.rankmypix.com に変更し、6個の URL のうちの1つにアクセスします。この URL は有名な 電子グリーティングカード サイトを含んでいます。それらターゲットとされた電子グリーティングカード サイトには、悪意のあるコードは含まれていません。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
  • このウイルスは、システム上の追加フォルダに自身をコピーしたり、システム起動時に自身を起動するようにすることが一切ありません。メールの送信フォルダに見慣れないメッセージを発見した場合に感染している可能性があります。

感染方法TOPへ戻る
  • このウイルスは、Microsoft Outlook アドレス帳からメールアドレスを集め、それぞれのアドレスに対してレジストリキー値を作成します。
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\WAB\bin\% 受信者名 %=1

    このキーは、メッセージを送信したアドレスのマーカーとして使用され、ウイルスは、同じユーザーに対して一回だけメッセージを送信するようにします。

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足