ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Warga@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4189
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4314 (現在7659)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 W32/Wargames
情報掲載日 02/03/05
発見日(米国日付) 02/02/25
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • W32/Warga@MMは、メール大量送信型ウイルスで、MAPIメッセージング機能を使用して自身を配信します。このウイルスは、Outlookのアドレス帳を使用して、マシン上にあるファイルから電子メール アドレスを抽出します。このウイルスは、次のような電子メールで配信されます。
    件名:Hi read this.
    本文:I found this on the web and it is important.
    Open the attached file and read.
    添付ファイル:article.doc.exe
  • 添付ファイルを実行すると、ローカル システムに感染します。Windows 2000システム上では、このウイルスは次のことを行います。
    • WINNT SYSTEM32ディレクトリにarticle.doc.exeおよびwrrrrrrr.exeとして自身をコピーする。
    • WINNTディレクトリに一時ファイルwargames.vbsを作成する(VBSファイルは、W32/PetTick.vbsとして検出される)。
    • WINNTディレクトリにwininit.iniファイルを作成する。
  • このウイルスは、システムの起動時に自身が読み込まれるように、次のレジストリ実行キーを追加します。
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WindowsRUN=wrrrrrrr.exe
  • "Add/Remove Programs"フォルダに"Wargames Uninstall"という偽のアンインストール エントリが作成されます。
  • ユーザがアンインストールを選択すると、このウイルスはマウスを無効にしようとします(テスト環境で検証したところ、このプロセスは失敗しました)。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

- WINNT SYSTEM32ディレクトリにarticle.doc.exeとwrrrrrrr.exeが存在する。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る