ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Winfig.worm

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4165
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4241 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 TROJ_WINSOUND (Trend), W32.Winfig.Gen (Symantec), W32/HLLP.Winfig (Panda), W32/Winfig-A (Sophos), Win32.HLLP.Winfig (AVP)
情報掲載日 02/10/10
発見日(米国日付) 01/10/04
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


  • このウイルスは、自身をフロッピーディスクにコピーし、デスクトップ壁紙を変更します。起動すると、c:\Windows\Winfig.exe に自身をコピーし、システム起動時に自身を起動するよう WIN.INI を作成します。

    • WIN.INI

  • システムを再起動すると、Winfig.exe が起動します。c:\Windows\FxxxFhc.bmp 画像を作成し、壁紙として設定します。

  • 毎5分ごとに A:\ ドライブに Winsound.exe として自身をコピーしようとします。


以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 下記のファイルが存在する。

    • A:\Winsound.exe
    • C:\Windows\Winfig.exe
    • C:\Windows\FxxxFhc.bmp