ウイルス情報

ウイルス名

WPCB.3207

WPCB.3207は、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルや.EXEファイルの終わりに書き込みを行うことによって、そのファイルに感染する。