ウイルス情報

ウイルス名

W97M/Xthree.a

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4114
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4114 (現在7652)
対応エンジン 4.0.35以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 W97M.Cross.E
情報掲載日 01/01/12
発見日(米国日付) 00/12/20
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


  • このウイルスは、Microsoft Word97およびWord2000のWord文書とテンプレートに感染することによって繁殖します。

  • このウイルスは、"x"というマクロで構成されています。

  • ファイルが開かれると、このウイルスはアクティブな文書またはテンプレートに"x"マクロがあるかどうか調べます。

  • 現行の文書またはテンプレートに"x"マクロが含まれていない場合、このウイルスは"C:\(乱数).xxx"ファイルを作成して、"x"マクロをそのファイルにエクスポートした後、ファイルのコンテンツをアクティブな文書またはテンプレートにインポートします。

  • このウイルスは、Wordのマクロウイルス警告プロンプト、ファイル変換確認プロンプト、および"Normal.dot"テンプレート保存プロンプトを無効にします。

  • このウイルスに感染しても、著しい症状は見られません。