ウイルス情報

ウイルス名

Zero_Bug.1536

  • Zero Bug.1536は、上書きを行うメモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、主な目的は、環境変数COMSPECが示すCOMMAND.COMのコピーに感染することです。COMSPECが何も示していない場合、Zero Bug.1536ウイルスは、割り込み21Hを使ってメモリに常駐します。

  • このウイルスは、COMMAND.COMに感染するか、メモリに常駐するようになると、COPYやXCOPYなどのアクションによりアクセスしたファイルも含め、アクセスされたすべての.COMファイルに感染します。感染システム上で作成された.COMファイルも、すべて感染します。このウイルスが、ファイルを削除したり、現在のフォームにディスクをフォーマット化したりすることはありません。