ウイルス情報

ウイルス名

X97M/Year2Kilo

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4068 (現在7659)
対応エンジン 4.0.25以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 00/02/09
補足 Year2Kiloは仮称です。今後、微変更されることがあります
このウイルスは日本で初めて発見されました(弊社調べ)。
発見日(米国日付) 00/02/09
駆除補足 対応DATで検出、駆除可能。ただし変更された設定は手作業で復帰させることになります。ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


  • Excelファイルに感染するマクロウイルスです。XLStartフォルダに「PERSONAL.XLS」ファイルを作成します。

  • タイトルバーの表示を "MicroSofa excel"に変更します。また日付が2000年以降の場合、カレントドライブのルートに「BOOK??.XLS」ファイルを作成します(??はランダムな10進数)。またカレントドライブのルートにランダムに「AUTOEXEC.BAT」を作成、改変します。aドライブとcドライブを formatコマンドでフォーマットするように書き替えます。

  • 日付が2000年以降の場合、次の設定が変更されます。

    • メニューバーのファイル以外を無効にする。
    • グラフ、ピボットテーブル、フォーム、図形描画 のツールバーを表示する。
    • 数式バー、ステータスバーを非表示にする。
    • ツールバーにボタン名を表示するを無効にする。
    • 大きいアイコンを使用するを有効にする。
    • 印刷の拡大/縮小率を変更する(値はランダム)。
    • 新規ブックのシート数を変更する(数はランダム)。
    • "入力後にセルを移動する"を無効にする。
    • 最近使用したファイルの一覧を無効にする。
    • ユーザー名を"Year2KiloVirus[Y2K-SP]"に変更する。
    • 標準フォントを"Wide Latin"にする。
    • 標準フォントサイズを36にする。
    • コンピュータの日付を1980年12月31日にする。

  • なお、ユーザー名が"RedDone"、会社名が"VirusTime"の場合、このウイルスには感染しません。