ウイルス情報

ウイルス名 危険度

XCan

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4222
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4233 (現在7656)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/09/17
発見日(米国日付) 02/09/03
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • XCan はレジストリを大幅に改変することで、影響を受けるファイルタイプを参照するときに、デフォルトのアプリケーションではなくトロイの木馬ファイルが実行されるようにします。
  • このトロイの木馬は、次のレジストリ エントリの古いデフォルト データを、"SysBack" という新しい値で保存します。
    • HKEY_CLASSES_ROOT\avifile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\chm.file\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\Excel.Sheet.8\shell\Open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\giffile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\hlpfile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\htmlfile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\inffile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\inifile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\jpegfile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\midfile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\mp3file\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\SoundRec\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\txtfile\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\WinZip\shell\open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\Word.Document.8\shell\Open\command
    • HKEY_CLASSES_ROOT\Word.RTF.8\shell\Open\command
  • 新しいデフォルト データが、このトロイの木馬を指すように改変されます。
    • "(Default)" = %SysDir%\system.exe %1 %*
  • システム起動時にこのトロイの木馬が実行されるように、次のレジストリ エントリも作成します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ Run_"LoadDesktop" = C:\WINDOWS\SYSTEM\system.exe
  • また、次の場所に自身をコピーします。
    • %WinDir%\loadexe.exe
    • %SysDir%\system.exe
    • %WinDir%\TEMP\fonts.exe
  • ファイルのプロパティのバージョン情報を使用して、有効なアプリケーションのように見せかけます。
    会社名xcan
    内部名system
    製品名Explorer

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 次のファイルが存在する。
    • WinDir%\loadexe.exe
    • %SysDir%\system.exe
    • %WinDir%\TEMP\fonts.exe
  • 上記のレジストリ エントリで参照されたファイルタイプを開こうとしても機能しない。

TOPへ戻る

感染方法

  • このトロイの木馬は、System ディレクトリに自身をコピーし、システム起動時に自身が実行されるようにレジストリをフックすることでシステムに感染する。

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る