製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ解析センター
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Homeセミナー・イベント

標的型攻撃対策ソリューションセミナー(Network IPS)
〜McAfee Network Security Platform 7.5 最新情報のご紹介〜

現在の標的型攻撃では最新の攻撃手法が使われていて、従来のセキュリティ対策では十分に保護できなくなっています。標的型攻撃の対策を効果的に行うためには、多層防御と新しいテクノロジーによるセキュリティの強化が求められます。次世代型IPSと呼ばれるMcAfee Network Security Platform(NSP)と、Network Threat Behavior Analysis(NTBA) の最新バージョン7.5では、複雑になった標的型攻撃に対応するための機能として、最先端のヒューリスティックエンジンを搭載したアンチマルウェア機能による入口対策機能と、ネットワーク内に侵入済みのボットを検出するための強化された出口対策機能が備わっています。

本セミナーでは、McAfeeの次世代型IPS製品であるNetwork Security Platform と Network Threat Behavior Analysis において、新たに導入された入口対策機能および出口対策機能、および各製品についての最新情報をご紹介します。

アジェンダ
  • ご挨拶
  • 急増する標的型攻撃対策ソリューションセミナー
  • 質疑応答
対象エンドユーザー企業の情報システム部門マネージャー、セキュリティ担当者、システム企画ご担当者様
主催マカフィー株式会社
参加費無料

日程2013/04/23(火) 時間15:30-17:00(15:15 受付開始) 定員30名
会場大阪市北区堂島2丁目2-2 近鉄堂島ビル 18F
マカフィー株式会社 西日本支店 セミナールーム
申し込み終了しました