最新セキュリティ対策セミナー
巧妙化するマルウェアの脅威をハイブリット型サンドボックスで対策!

案内

未知のマルウェアやシステムの脆弱性を活用した標的型サイバー攻撃、ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃といったセキュリティ脅威が高まるにつれて、様々なセキュリティ対策製品の選択肢が増えてきています。最近、最も注目される標的型攻撃対策のひとつとして、仮想環境で未知のマルウェアを実行・解析・検知するサンドボックス型マルウェア対策があります。しかし、最近のマルウェアの中には仮想環境であることを検知し、実行を回避するタイプも出現しており、サンドボックス単体での検出がより難しくなってきています。

本セミナーでは、標的型サイバー攻撃を始めとした高度化するセキュリティ脅威に対し、今日必要とされるマルウェア対策を振り返るとともに、未知のマルウェアに対抗するマカフィーの最新ソリューションをご紹介させて頂きます。

アジェンダ

  • 最新の標的型攻撃動向と必要とされるマルウェア対策
    従来のセキュリティ対策を突破する新しい標的型攻撃の手法と、それに対応するためにマカフィーが提供するマルウエア対策ソリューションを紹介いたします。
  • マカフィーが提唱するハイブリット型サンドボックス・マルウェア対策
    これまで業界をリードし、さらに進化を遂げたマルウェア対策について、静的コード解析からサンドボックスまで各機能の具体的な効果と他社製品と比べた優位点について具体的に解説します。
    McAfee Network Security Platform、McAfee Web Gatewayなどとの密接な連携による3つのF(Find/検知+Freeze/防御+Fix/修復)の実現方法を紹介します。
  • BCCのデータセンター情報セキュリティサービスのご紹介
    株式会社BCC 常務取締役 永井 裕二氏
  • すぐに始められるクラウド型セキュリティ対策
    〜メール、ウェブ、PCの利用におけるセキュリティ強化〜
  • 質疑応答

情報

対象・サンドボックス型マルウェア対策製品をご検討中のユーザー様、販売代理店様
・標的型攻撃対策をご検討中のユーザー様、販売代理店様
主催マカフィー株式会社
協賛株式会社BCC, ソフトバンク・テクノロジー株式会社, ソフトバンクBB株式会社
参加費無料

終了スケジュール

日程2014/02/26(水) 終了しました
時間13:30-16:00(13:00 受付開始)
定員50名
会場812-0011 福岡市博多区博多駅前2-1-1
福岡朝日ビル B1F 16号室