標的型攻撃に対抗するマカフィーの包括的なマルウェア対策のご紹介

案内

標的型攻撃においても顕著な巧妙化するマルウェアに対して、出口対策、検知の向上のための様々な工夫やアプローチが話題になっています。
マカフィーは包括的な対策実現のために、高精度の検知、被害の最小化、より素早い対応実施を実現を目指した対策モデルを提案しています。
今回は数多くある検知テクノロジーの特性解説、対策の重要なポイント、そして最先端のマルウェア対策テクノロジーを活用した最新製品、McAfee Advanced Threat Defenseを合わせてご紹介させていただきます。
今回は特別編として、セミナーの冒頭に弊社サイバー戦略室から2014年の脅威予測の解説をお届けします。

アジェンダ

  • マカフィーの2014年脅威予測の解説
  • 巧妙化するマルウェア対策の基本ポイント
  • 検知テクノロジーからみる、静的解析、動的解析(サンドボックスを含む)の特徴
  • マカフィー製品による包括的なマルウェア対策ソリューションのご紹介
  • 次世代ステルスマルェア対策製品、McAfee Advanced Threat Defenseの特徴ご紹介

※本セミナーは、過去に同タイトルで開催しているセミナーと同じ内容です。既にご参加頂いた方はご注意ください。
 好評につき、今回は、“2014年脅威予測の解説”を追加して開催いたします。

情報

対象・サンドボックス型マルウェア対策製品をご検討中のユーザー様、販売代理店様
・標的型攻撃対策をご検討中のユーザー様、販売代理店様
主催マカフィー株式会社
参加費無料

終了スケジュール

日程2014/03/14(金) 終了しました
時間15:00-16:50(14:30 受付開始)
定員80名
会場150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-2 (渋谷マークシティ内)
渋谷エクセルホテル東急 6F プラネッツ