クラウド型セキュリティ製品の導入事例

「Managed Total Protection」は「SaaS Endpoint Protection」の旧製品名称です。
掲載内容、企業およびご担当者のプロフィールは取材当時のものです。
現在は変更されている可能性もございますのでご了承下さい。

センチュリーメディカル株式会社 

■業種:医療・福祉 ■導入製品:Managed Total Protection ■導入台数:160台
今回はセンチュリーメディカル株式会社の先進事例をご紹介します。情報課推進グループの市東(しとう)さまと今村さまにお話をうかがいました。




当社は医療機器の輸入販売を行なっている商社です。営業担当の社員は、基本的にモバイル体制でノートPCを持って直行直帰する業務がほとんどで、会社に出てくるのは多くて週に一回程度です。

こういう体制ですからウイルス定義ファイルの更新といった作業は、たまにネットワークにつながった時に勝手に行われるような、そういう完全自動の体制であってほしい。そうでないと営業担当PCのウイルス対策は難しい。このニーズを満たす製品はないかとずっと探しておりました。




- センチュリーメディカルさまがウイルス対策に本格的に取り組むようになったのはいつ頃からでしょうか。

97年頃です。その頃からマカフィーさんの製品を使用しています。ウイルス定義ファイルの更新については、社内サーバにダウンロードした定義ファイルを、社員各自で更新するという体制でした。

2000年頃になってePOという管理ツールが発表されたので、一端はこれを使って管理することも考えました。しかしマニュアルを読んだりセミナーに出席したりするうちに「管理が大変である」という印象を持ち、検討の結果ePOの使用は見送りました。

その後、Managed Total Protectionという製品の存在を知りました。この製品は定義ファイルやエンジンの更新が全自動であり、当社のモバイル環境にも合致していそうでした。さっそくお試し版をダウンロードしてテストしました。

ちょうどこの頃は、社内のシステムを、ハードウエアからファイアウオールに到るまで一新しようとしていた時期でした。Managed Total Protectionのお試し版をダウンロードしたのはそうした新しい機器やソフトとの相性を調べる目的もあったのです。結果として相性の問題もなかった。また営業担当のモバイルPCでも実テストをしましたが、こちらもOKでした。

これらのテストを経て、Managed Total Protectionが当社の環境とニーズに合致していることが判明したので、採用することに決定し、マカフィーさんに連絡しました。というわけで今回の購入についてはマカフィーから薦められたとか営業されたということはなく、当社の方で情報収集して事前検査して、後は買うためだけに御社にコンタクトした、といった流れだったのです。現在、社内のクライアントとサーバ約160台に導入しています。OSはほとんどがWindows2000です。




-- センチュリーメディカルさまの現在のウイルス対策体制はどのようなものでしょうか。

ゲートウエイ対策としてプロバイダのSMTPウイルスチェックサービスに加入しています。また社内PCにおいてはFDもCDも使用禁止にしてあります。ユーザーにはソフトウエアのインストール権限は与えておりません。

-- ということは、理論的にはウイルスが侵入する可能性はほとんどないですね。

そうですね。唯一あるとすれば、社員がHTTP経由でトロイの木馬をダウンロードするか、あるいはHTTPプロトコルのWebメールなどでウイルスメールを受け取ることぐらいでしょうか。これについても今後、しくみによるシャットアウトを行なえればと考えております。




(市東さま) それにしてもManaged Total Protectionというのは裏のヒット商品という印象がありますね。知って買って使っている人はラッキーだし、知らないで使えていない人はアンラッキー、とまで言ったらちょっと誉めすぎでしょうか。少なくとも当社の業態に非常に適した製品ではあります。これからも頑張ってください。

-- もっと広く知られるようにがんばります。今日は貴重なお話をありがとうございました。




センチュリ一メディカル株式会社

医療用具の専門商社センチュリ一メディカルは、伊藤忠グループの一員として国際的な情報ネットワークを活用、アメリカをはじめとする先進諸国から、最先端の医療用具を輪入し、医療の現場に供給してきました。高齢化社会の到来によって医療用具の二一ズはますます拡大しますが、これからも“健康と豊かさを担う責任”を基本精神に3つの視点から企業理念をかかげ、医療の良きパートナーとして社会に貢献します。




取材日:2003年5月


※上記の使用感がすべてのお客様で実感できることを保証するものではありません。詳しくは弊社パートナー、弊社営業、またはこちらまでお問い合わせください。

トップへ戻る