マカフィー - セキュリティ

  1. Navigation
  2. Content
  3. Sidebar
  4. Footer
HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

Content

クラウド型セキュリティ製品の導入事例

「Managed Total Protection」は「SaaS Endpoint Protection」の旧製品名称です。
掲載内容、企業およびご担当者のプロフィールは取材当時のものです。
現在は変更されている可能性もございますのでご了承下さい。

石山オフィス

■業種:専門サービス業 ■導入製品:Managed Total Protection ■導入台数:2台


今回は滋賀県甲賀郡の石山オフィスの先進事例をご紹介します。石山光雄さまにお話をうかがいました。


私はここ滋賀県甲賀郡で、石山光雄というペンネームでライター業を行っています。もともと都銀マンだったこともあり、金融経済関係の記事が中心ですね。それ以外にも、金融経済評論家、東京にある出版社のWebサイトの作成や更新、構築、内容執筆、Webデザイナーなども行っております。ということは仕事はライター兼Webメーカーということになるでしょうか。そういう仕事をする場合、場所は関係ありませんので、今は自宅の二階で気楽に仕事をしています。ご覧のとおり、こういう田舎の普通の家ですが、でもスモールオフィス・ホームオフィスであることには間違いないので、これはこれでSOHOですね。

SOHOというと都会のマンションの一室などを思い浮かべる方が多いと思いますが、実際には私のような田舎暮らしをしている人も多いと思いますよ。バブル経済の以前も以後も、土日なしで午前様は当たり前の、意味もなく忙しかった日々でしたが、今は寝たい時に寝られ、起きたい時に起きられます。娯楽にしても、ここらあたりならゴルフ場をハーフで回って平日なら3000円で済むんですね。隔世の感ありとでもいいますか、いたって気楽に暮らせております。

ASAPは2001年の7月に購入しました。その頃使っていたPCに付属していたプレインストール版のウイルススキャンのサポート期限が切れたので、では購入しようかと考え、ヘルプファイルなどを辿ってマカフィーさんのWebサイトにたどりつき、そこでManaged Total Protectionという商品のことを知りました。更新が全自動というのが良かったし、値段も手頃だったので、これを購入しました。その頃は大津市で長男とも一緒に暮らしていたので、2ノード購入して、自分のPCに1ライセンス、長男のPCに1ライセンス、それぞれ導入しました。

その後、長男は会社の寮に入ることになったので、それを契機に残りの家族で私の実家がある甲賀郡へ戻ることにしました。その時PCをもう一台追加購入したのですが、それには他社のウイルス対策ソフトが付属していて三ヶ月の間はフル機能が使えるという。そうこうしているうちに以前に買ったManaged Total Protectionのライセンス更新時期も迫ってきて、さあ、どうしようかなと迷ったのですが、結局のところ、なんとなくプレインストール版を継続使用、Managed Total Protectionの方は自然に期限切れでライセンス消滅ということになりました。


それからしばらくプレインストール版の方を使っていたのですが、これもそろそろ使用期限が終了ということになっており、ということは私の選択肢は、二つに一つ。プレインストール製品の正規版2ライセンス分を店頭で購入するか、あるいはManaged Total Protectionをもう一度買い直すかのどちらかです。

結論としてManaged Total Protectionを買い直すことにしました。プレインストール版の他社製品にもぜんぜん不満はなかったのですが、やはり更新が全自動であるというその点だけはManaged Total Protectionの勝ちという印象でした。ウイルス対策というのは結局のところツールに過ぎず、そこに深入りはしたくない。だったらやはり全自動のManaged Total Protectionだなという結論に到った次第です。

Webの仕事をしている関係で、そこのメールアドレスを経由して、ウイルスはけっこう受け取ります。一時期は一日に平均30件は来ていましたね。大半は送信者の不注意感染添付ファイルなのですが、しかし時たまいやがらせとして故意にウイルスを送りつけているような気配を感じることがありますね。そういうことはメールの本文だとかを見ていれば何となく見当がつきます。あとは名前を言えば誰でも知っているような飲料系の大企業からウイルスが来たこともあって驚きました。まあ最近はクレズなどのように差出人を詐称するウイルスもありますから、本当にその飲料会社からウイルスが来たのかどうかはハッキリしたことは言えませんけどね。

ともあれ、今後も充実した製品を開発しつづけてください。私もちかぢかもう一度御社の顧客に戻りますので。(笑)

取材日:2003年2月




※上記の使用感がすべてのお客様で実感できることを保証するものではありません。詳しくは弊社パートナー、弊社営業、またはこちらまでお問い合わせください。

トップへ戻る