マカフィー - セキュリティ

  1. Navigation
  2. Content
  3. Sidebar
  4. Footer
HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

Content

クラウド型セキュリティ製品の導入事例

「Managed Total Protection」は「SaaS Endpoint Protection」の旧製品名称です。
掲載内容、企業およびご担当者のプロフィールは取材当時のものです。
現在は変更されている可能性もございますのでご了承下さい。

簡易保険セールスプロモーションセンター

■業種:公共団体 ■導入製品:Managed Total Protection ■導入台数:6台



高齢者の中にはパソコンの操作があまり得意でない方も多くいらっしゃいます。しかしウイルスはそんな環境にもよりごのみせずにやってくるので、そうした方にも無理なく行えるウイルス対策が必要となります。「Managed Total Protectionユーザーに聞く」、第二回は、Managed Total Protectionユーザー歴3ヶ月の(財)簡易保険セールスプロモーションセンター、窪田節男さんに取材し、職場でのウイルス対策について語っていいただきました。

うちは、高齢者が中心の職場だからパソコン利用状況はそれほど活発ではなくてね、いわゆる表計算とワープロとあと会計事務ソフトぐらいです。インターネット接続はありますけれど。

そんなふうでだいたいパソコン自体ほとんど詳しくないんだから、ましてやウイルス対策なんてとてもとても。御社も含めていろいろな会社のウイルス情報も見てみたけど、むずかしくてさっぱりわからなかった。

でも新聞など読んでいても、去年あたりからずいぶん悪質なウイルスが出まわっているっていうじゃないですか。一般紙に載るぐらいなのだから、本当に大変なのだろう。自分の事務所でもちゃんと対策をしておかねばと考えました。

なのでパソコンに詳しい知り合いに、どのソフトがいいのか、それぞれ値段はいくらぐらいなのかを尋ねてみた。


するとManaged Total Protectionっていうのだけは、定義ファイルの更新とかそういうことを何にもやらなくていいって書いてあって、それに決めました。マカフィーに電話して聞いても、値段も手頃だったので、ホームページを通じて直接に購入しました。

感想はねえ、ない。だって何もしなくていいのがよくて買ったのだからね、感想はありません。

--使用しての感想がない」というのは、これは誉められていると解釈してもよろしいでしょうか。--

そうだね、この「何もしなくていい」というあり方は、いろいろ比較した中では出色ですよ。コンピュータの世界というのは、技術者が主導しているからしょうがないのかもしれないが、使い手は幅広いのだということが理解されていないようだね。

技術者は、技術的なことばかりに専念して、底層のユーザーのことをわすれがちなようだ。ソフトのヘルプファイルなど見ても漢字文化で育った我々にはとても日本語に思えない。

そういう我々にアンチウイルスで高い認識を持てと言ってもこれは無理なんだ。だから高齢者中心の職場では、ウイルス対策ソフトで「なにもしなくていい」というのはこれは欠くべからざる条件ですよ。その条件を御社の製品はよく満たしてくれましたね。


■(財)簡易保険セールスプロモーションセンター
財団法人 簡易保険セールスプロモーションセンターは、簡易保険事業の普及発展に寄与し、また、簡易保険事業に従事する職員の能力の開発・向上の支援に関する事業を行っています。

■取材後の感想
実は今回の取材を申し込んだとき、最初は「うちはPC使用も活発でない高齢者中心の職場なので取材対象としては不向きでしょう」といったんは断られたのですが、そんな方のお話をこそ聞きたいのですと頼み込んで、取材に応じていただきました。いい話を聞けた取材となりました。

※上記の使用感がすべてのお客様で実感できることを保証するものではありません。詳しくは弊社パートナー、弊社営業、またはこちらまでお問い合わせください。

トップへ戻る