クラウド型セキュリティ製品の導入事例

「Managed Total Protection」は「SaaS Endpoint Protection」の旧製品名称です。
掲載内容、企業およびご担当者のプロフィールは取材当時のものです。
現在は変更されている可能性もございますのでご了承下さい。

不動産かたやま

■業種:不動産業 ■導入製品:Managed Total Protection ■導入台数:4台



今回は山梨県中巨摩郡昭和町飯喰(いっくい)の「不動産のかたやま」におじゃまして、片山和美さんにお話をうかがいました。







そういう悪いものがあるということは昔から知ってました。ニュースとか雑誌とかで騒いでいるのを読んだりしたこともありましたけど、でも、ひとごとかしらー、と思ってました。

なんですけど、去年の暮ぐらいから、ウイルスメールが毎日のように来るようになって、でもその時は対策ソフトとかは入れていなかったんです。

昭和町にも小さいながらもネット・コミュニティみたいなのがあるので、そこの詳しい人にいろいろ聞いたら、そのウイルスって、感染すると自分の持ってるアドレス帳の宛て先にウイルスメールを送るって言うから、よし、じゃあ、とりあえずメールを使わなければいいんだな、と思って、しばらくメール・ソフトは使いませんでした。

ちょうどその頃、事務所のパソコンの取替えの話があって、その時ADSLも申し込んだんですけど、その時、お世話になったのがNTT-MEの人で、その人に、最近ウイルスが多くて困ってるんですって相談したら、じゃあ、こういう全自動の便利なソフトがありますけど、ついでにどうですかって薦められたので、信じてこれにしました。

ウイルスメールをたくさんもらうようになる前は、ウイルス対策ソフトって、ただ入ってればそれで大丈夫だって思ってたんですけど、詳しい人に聞くと、更新とかをしないと、新しいウイルスは見つからないっていうらしく、それじゃ困るんですけど、でもManaged Total Protectionは、そういうのが全自動でおまかせきりだというので、それ、いいじゃないって思いました。

ウチの事務所では、PCは、よく使ってますよ。私の後ろのカラーの物件案内も全部PCで自分で作ってます。もしPCがウイルスでこわれたりしたら、困りますねー。大事な書類は紙にプリントアウトしてあるから、それを見ながら、泣きながら作り直しかもしれない。そうはなりたくないです。

あと、ウチはホームページでも物件を案内していて、お客様からもメールはもらいますけど、そこでウイルスもらう可能性もなくもないですね。もらうのならまだしも、物件さがしに来たお客さまに、ウイルスメールなんて出すような、そんな失礼なことしたら、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。

毎朝、立ち上げるたびに更新してくれてるのは、対策があたりまえーってかんじでいいですね。よろしく、おまかせっきりー、ウイルス、見逃さないでね、見逃したら怒るわよー、みたいに思ってます。

怒られないようにがんばります。ちなみに緊急ウイルスが出たときなどは真夜中に更新することもあります。

そうやって夜中にがんばってくれる人がいるから、毎朝ちゃんと更新されるんですね。ありがとうございます。でも全自動っていいですね、ネット仲間にも、えー、更新ってなにー、ウチは毎朝、自動的よー、と軽く言えることもあります。これからもがんばってください。


■不動産かたやま
不動産のかたやまは山梨県中巨摩郡昭和町の、地域密着型の不動産屋さんです。
不動産かたやまのWEBサイトへ

■取材後の感想
万全のウイルス対策を、かるーくおまかせっきりに頼まれた取材となりました。期待に添えるようこれからも努力する所存です。ちなみにウイルス検出レポートを見てみると、去年の12月以来、合計75件が検出されており、なんとこれは東京の出版社であ>ワニブックスよりも多い数でした。これからも片山さまが気楽にPCを使いつづけられるよう、努力してまいります。

※上記の使用感がすべてのお客様で実感できることを保証するものではありません。詳しくは弊社パートナー、弊社営業、またはこちらまでお問い合わせください。

トップへ戻る