マカフィー - セキュリティ

  1. Navigation
  2. Content
  3. Sidebar
  4. Footer
HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

Content

クラウド型セキュリティ製品の導入事例

「Managed Total Protection」は「SaaS Endpoint Protection」の旧製品名称です。
掲載内容、企業およびご担当者のプロフィールは取材当時のものです。
現在は変更されている可能性もございますのでご了承下さい。

ショウワ電技研

■業種:製造業 ■導入製品:Managed Total Protection ■導入台数:30台


今回は、神奈川県横浜市の駐車場管理会社、ショウワ電技研におじゃまして、管理部の長谷川さまにお話をうかがいました。ショウワ電技研では、駐車場が混んでいる時は通常料金を、空いている時は割り引き料金を、という変動料金システム「ネコの目料金制」を実施しているユニークな会社です。カラオケボックスなど他業種への転用も行っています。

今まで特にウイルスで大きな被害にあったことはないんです。今のビルに越してくる前は、そもそもPC台数そのものが少なく、一台のパソコンをかわるがわる共用で使っていたぐらいでした。

なので危機意識も特に差し迫ったものはなく、対策ソフトも導入していませんでした。でもメールの添付ファイルが危ないというのは知っていたので、「実行ファイル形式の添付ファイルが来たら開いてはいけません」という指導を社内に行っていました。

ですが今のビルに引っ越してきてPC台数も増え、ADSL接続も始まりました。ということは普通に考えても危険性は前より高まっているので、これは、そろそろ本格的な対策が必要かなと思えてきました。

ちょうどその頃、サンテレホンさんにいただいたパンフレットにManaged Total Protectionのことが書いてあり、定義ファイルの更新とかを勝手にやってくれると書いてあったので、それはいいと思って、これに決めました。

Fboundというメールウイルスを見つけたことがありました。いつもワードやExcelなどの添付ファイルをやりとりする取引先から、ある日、l「Re:重要」という件名で、patch.exeという名前の添付ファイルがついていて、その時は添付ファイルを「保存する」ということをまずやったんですが、するといきなり「ウイルス発見!」という警告画面が出ました。

あとで情報を調べてみると、もしこのウイルスが発動していたら、いろいろなメール・アドレスに勝手にウイルス・メールがばらまかれるという目に遭うそうですね。それを思うと、未然に防げてよかったなあと思いました。

友人の会社では、Klezがやたらにやってきてネットワークが全滅だとか、そういう話もあるんですが、ウチには全然こないです。BadTransも新聞など見ると大流行と書いてありますが当社にはぜんぜん来ません。もともとPCはワードとエクセルぐらいしか使わないし、インターネット接続も全員にあるわけではないし、そういう意味ではウイルスが来にくい環境なのかもしれません。しかしそれでもFboundのようにウイルスは来るときは来ます。それを逃さず捕まえる事ができたことはよかったと思っております。


わざわざ操作することもないソフトなので、使用感は特にないですねえ。あと弊社にはWindows2000, 98, MEといろいろなOSが混在していますが、どれでも大過なく動いており、それほど重くも感じないので、その点は、まあいいと思います。これからもがんばってください。

取材日:2002年6月



■ショウワ電技研株式会社
この不況下の時代にも伸び続けている私たちが自信を持って皆様にお勧めする商品、それが「ショウワパークシステム」です。 皆様の駐車場に関するご不満やご要望を長年の経験と実績から、様々なカタチでサポートします。 わたしたちと一緒に安心駐車の街をつくっていきませんか? (ショウワ電技研のWebサイトより抜粋)
ショウワ電技研株式会社のWEBサイトへ

※上記の使用感がすべてのお客様で実感できることを保証するものではありません。詳しくは弊社パートナー、弊社営業、またはこちらまでお問い合わせください。

トップへ戻る