マカフィー - セキュリティ

  1. Navigation
  2. Content
  3. Sidebar
  4. Footer
HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

Content

クラウド型セキュリティ製品の導入事例

「Managed Total Protection」は「SaaS Endpoint Protection」の旧製品名称です。
掲載内容、企業およびご担当者のプロフィールは取材当時のものです。
現在は変更されている可能性もございますのでご了承下さい。

ビデオプロモーション

■業種:情報通信業 ■導入製品:Managed Total Protection ■導入台数:50台



今回は株式会社ビデオプロモーションにおじゃまして総務人事部の出口敦彦さまにお話をうかがいました。
弊社には情報システム部といった独立した部署は特になく、それらは総務人事部が統轄しています。そして総務部内で情報システムを見ているのは事実上わたくし一人という状況です。

もちろん一人でできるはずなどないので、徹底的にアウトソースを図っています。今は電通工業さんに年間契約料を支払う形で電話まわりネットワークまわりのシステムを見てもらっています。ウイルス対策に取り組む気運が高まったのは、去年の夏ぐらいからで、その頃から各メーカーのワクチンの比較検討にはいりました。実際に使ってみたりもしました。

それでわかったのは、とにかくどこのワクチンも、多少の違いはあるにせよ、結局のところ定義ファイルの更新は自分でやらなければならないという、そこの大根本はいっしょだということでした。

わたしの今の状況ではそれはちょっとつらい。ウイルス対策が必要だというのは認識していますが、しかし私の本業は総務人事なわけです。更新ボタンを押すのが一週に一回としても、年間では52回です。弊社にはPCが約50台ありますから。そうすると会社全体では、52 × 50 で、えーと3000回弱ほども更新ボタンを社員が押さなければならない。これはムダですね。

わたしのこうした状況は電通工業さんも知っていたので、それではこれはどうですかということで薦められたのがこのManaged Total Protectionです。定義ファイルの更新が全自動で何もしなくてもいい。そう言われれば、もうほかに選択肢はないかんじでしたね。社内全体でも更新ボタンを押す手間が3000回から0回に減って本業に集中できるのだから、いいことです。

弊社は広告代理店なので、いろいろなところとメールをやり取りしており、ウイルスが来やすい環境といえるかもしれません。

さて、Managed Total Protectionを入れる以前にMagistrを受け取ったことがあります。その時は、そのMagistrが運わるく営業マネージャのPCに流れてしまい、あやうくお客さまにウイルスを拡散させる寸前でした。幸いその営業マネージャがOutlookの管理を厳格に行っていたのと、いろいろな幸運な偶然が重なったのとで、お客様に迷惑をかける事態にはいたりませんでした。でも、もしこれを運悪く拡散させていたら....。そういう危機感を感じ、営業マネージャとも協議の上、これまでのバンドルソフト中心の何となくの対策を卒業して、本格的な対策に移ろうと決めたのです。

現在のウイルス対策体制はどうですか。

Managed Total Protectionのほかに、メールを委託しているプロバイダのウイルスチェックサービスを購入しました。メール対策はそっちのオプションで、ふだん使うファイルの対策はManaged Total Protectionで、という二段がまえです。

現在、主流のウイルスはいずれもメール型のものなので、プロバイダのオプションチェックだけでも十分だろうと、つい思ってしまいそうになりましたが、実際には違いました。Managed Total Protectionと併用して分かったのですが、ウイルス検出レポートを見ると、KlezやBadTransなどのメール型ウイルスがManaged Total Protectionで検出されているのですね。最初はオプションサービスの検出ミスかとも思いましたが、そうではないようで、断言はできないのですが、どうもこれはWebメール経由のもののようです。つまり社員が自分のメールアカウントをWebを通じてみた時に、つまり当社の契約プロバイダを通さない形でメールを見た時にウイルスを通してしまったのではないかと予測されます。今は思いつきませんが、Webメール以外にもきっと私の知らない抜け道がまだあるのでしょう。それらを深く研究するつもりもないし、やはりオプションとManaged Total Protectionの二段がまえの対策で正解だったと思いました。

全自動なので、使っているっていう意識はないですね。社員はたぶん導入されていることに気づいていないんじゃないかな。これからもがんばってください。


■VIDEO PROMOTION INC
株式会社ビデオプロモーションは、マスターズ・ゴルフ中継やTV番組「世界遺産」の企画立案などスポーツや文化関係に強い広告代理店の老舗です。
VIDEO PROMOTION INCのWEBサイトへ

■取材後の感想
少ない人員で、効率的な対策を行うノウハウが見えた取材となりました。またメールのウイルス対策オプションだけでは不十分であった実例も興味深くうかがえました。


取材日:2002年6月

※上記の使用感がすべてのお客様で実感できることを保証するものではありません。詳しくは弊社パートナー、弊社営業、またはこちらまでお問い合わせください。

トップへ戻る