マカフィー - セキュリティ

  1. Navigation
  2. Content
  3. Sidebar
  4. Footer
HACKER SAFEにより証明されたサイトは、99.9%以上のハッカー犯罪を防ぎます。

Content

クラウド型セキュリティ製品の導入事例

「Managed Total Protection」は「SaaS Endpoint Protection」の旧製品名称です。
掲載内容、企業およびご担当者のプロフィールは取材当時のものです。
現在は変更されている可能性もございますのでご了承下さい。

税理士法人 弓家田・富山事務所

■業種:専門サービス業 ■導入製品:PCワクチン ■導入台数:5台

今回は税理士法人 弓家田(ゆげた)・富山事務所のPCワクチン先進事例をご紹介します。富山さつき様、依田美雪さま、鹿取潔子さまにお話を伺いました。今回は、三多摩地区で中小企業向け金融が活発化していることがわかる事例となりました。実はその盛り上がりには弓家田(ゆげた)・富山事務所も一役買っていたのです。
※「PCワクチン」とは?
「Managed Total Protectionは全自動かあ。この際インストールも全自動になってくれないかなあ〜」というお客様の声が多くありました。「PCワクチン」は、この声にお応えするためにリコーテクノシステムズが製品設計したしたOEM製品です。ウイルス検出や更新などの製品そのものは通常のManaged Total Protectionと同じですが、インストールの部分をリコーテクノシステムズのサービススタッフが全面代行。お客様は本当に何もしなくてよいという、究極の楽楽ウイルス対策システムです。



--こちら弓家田・富山会計事務所様では、職員のほとんどが女性と聞き及びましたが。。。

実は男性は弓家田だけ。あとはぜんぶ女性で弓家田は「黒一点」状態なのです。ところで村中さんの中で税理士事務所というとどんなイメージがありますか?

-- 小さな事務所に税理士のセンセイがいて、女性の事務職員が何人かいて。。。というものです。

ハイ、そのイメージで正解です。税理士の世界は基本的には男社会。私たちの事務所も最初はそういう「普通の」税理士事務所でした。でもある時期あることに気づいたので、現在、女性中心の組織づくりを急ピッチで進めているところです。



実は今回のPCワクチンの導入もその組織作りの一環なのです。事務所を増築したり、LANを本格的に張ったりしてきましたが、その過程で、ウイルス対策をきちんとしないとお客様に迷惑をかけかねないと気づきました。でもこの分野には専門知識はないので、できれば全自動で対策ができた方がいいなと考えていたところ、リコーテクノシステムズさんに「PCワクチン」をご紹介いただいたのです。



-- なるほど。ところで「ある時期あることに気づいたので」女性中心の組織作りをはじめたとのことですが、どんなことにお気づきになられたのですか?

単純なことなんです。私たちのお客様の多くはいわゆる「中小企業」ですが、そうした企業の経理というのは経営者の奥様お嬢様がなさっていることが多いのです。そこで気づきました「だったら相談を受ける税理士側も女性のほうが話しやすいんじゃないの」と。そしてもう一つ「細かい数字の処理ややりくりは絶対に女性に向いている」とも。

-- そもそも富山先生ご自身が、女性税理士です。いわゆる「男社会」になぜ敢えて飛び込んだのでしょうか?

私は最初、普通の学生が普通の主婦になりましたというクチだったんです。その「普通」の反動かな。ある日、資格がほしくなって、それで税理士の世界に飛び込んだのです。その後、いろいろな方との出会いに恵まれたこともあり、今の状態に辿り着くことができました。



だから結婚退職しても、もう一度働きたいという女性の気持ちはよくわかるんです。今、日本の各家庭には優秀な女性の才能が眠っている状態。そんな女性たちを組織化していけば、上手くいかないわけがないと思いました。ちなみにウチの事務所では女性社員のことを「ワース」と呼んでいます。

-- ワースというと「価値ある」を意味する英語のworthですか 

そうです。響きがナースみたいで女性らしいし、ちょっとかっこいいでしょ。


-- 確かに。ところであそこのテレビの上にビデオがありますが、テレビで紹介されたんですか?

ハイ、私どもの顧問先が紹介されました。この番組で紹介されているノダネーム(株)は高い技術と顧客基盤を持った企業であるにも関わらず、都銀からは融資を得ることができませんでした。しかし地元信金からの貸付を得て、現在は見事に再生軌道に復帰しました。
-- なるほど技術と顧客があれば借受が可能であるということですね。

うーん、でも中小企業の皆様に共通のこととして、技術はあっても顧客があっても、それを金融機関に分かる数値表現、つまり事業計画書に落とし込み、毎月の実績を検討していくことが難しいんですね。実はそこで私たちがお役に立てるのです。

-- するとノダネームの事業計画書は。。。。

ハイ、私が社長と膝詰めになって作り上げました。当社の弓家田が地元信金と付き合いがあったことが縁になり、当事務所にて事業計画作りのお手伝いをすることになったのです。この模様がテレビで一部紹介されました。

-- 税理士というより、もはやコンサルタントですね。

そうですね。通常、税理士業務というとお客様の確定申告代行や節税対策相談などが主要業務です。でも私たちはそれだけでなく、こうした経営計画作りや組織の問題、労務、総務の問題、場合によってはネットワークなどシステム作りの問題まで何でも相談に乗れるようにしています。



-- そんなにすべてのことができるのですか?

私たちでできることはやりますし、できない部分は社外ネットワークを使って、最適な企業をお客様に紹介いたします。

-- つまり、スモールビジネス・ワンストップ・コンサルティング・ポータル。あるいは中小企業よろず相談所といった所になりますね。

大げさなカタカナのとそのものズバリの名前が並びましたが、確かにそんなところです。

-- とはいえ、多くのお客様からよろず総合相談を受けるには、受ける側にも総合力が必要ですね。

そう思って現在、業務の組織化を急ピッチで進めているのです。従来の税理士事務所はいわば職人の寄り合い事務所。お客様のことは担当している税理士にしかわからない。資料もすべて各税理士の引き出しの中という状態。これでは組織力など望むべくもありません。

-- 確かに




今はファイリングの段階からシステム的に見直して、担当が変わっても、お客様対応にとぎれがないようにしています。こうした方向を目指すならば、業務の電算化、ネットワーク化も不可欠になります。経理関係のシステムは以前から専用マシンを導入していました。そして2002年の事務所増築を契機にして、ワースの皆さんにもPCが使えるようにしました。

-- その過程で、ウイルス対策の方にも取り組むようになったということですか。

そうですね。今はお客様の会計もPC化が進んでおりますし、メールでの連絡やデータのやり取りも増えてまいりました。こちらからウイルスを渡してしまったのでは信用問題にもなります。なので対策をしようと思いました。でもそういう対策のことには知識はありませんし、あまり面倒くさい製品も困るなと思っておりました。

すると以前からお付き合いのありましたリコーテクノシステムズさんに相談したところ、「ウチで出しているPCワクチンという製品なら全自動だから悪くはないと思うのですが。。。」とのご紹介がありました。

-- なるほど。そこでPCワクチンを採用したと。

(依田様)いえ、念のためいろいろ調べました。PCのインストラクターをやっている友人ですとか、パソコン30台くらいの会社でにわかシステム管理者をしている友達ですとかに、そっちではどうやって対策しているのと聞いてみました。するとみんな言うことが、そういう対策は、いろいろ更新が必要でけっこう手間がかかるし、いつも誰かが気にしていなければならない。全自動で済む製品があるのならそれに越したことはないとのことでした。

(富山様)というわけで確証も取れたので、じゃあ、これにしようかなということになりました。



-- 以後、使用感はいかがでしょうか。

すごくラク。手間がかかりません。私は事業計画書をやっていればいいわけです。とにかく今は組織作りの真っ最中ですので、余計なトラブルはなるべく避けたい。ウイルスに悩まされることなどあってほしくないですね。今後もしっかり私たち事務所のセキュリティを支援してください。期待しております。

-- 今日は貴重なお話を有難うございました。

取材日:2003年9月

※上記の使用感がすべてのお客様で実感できることを保証するものではありません。詳しくは弊社パートナー、弊社営業、またはこちらまでお問い合わせください。

トップへ戻る