導入事例:日本ダイヤバルブ株式会社

ダイヤフラムバルブ専門メーカーとして、1955年に創立。豊富な経験と膨大な実験データに基づき、あらゆる種類、性状の流体に対して最適な構造と材質を持つバルブを提供できるバルブ専門メーカーへと成長した。

  • 業種:金属製品製造業
  • 事業内容:バルブの製造および販売
  • 従業員数:210名
導入製品
マカフィー SaaS エンドポイント プロテクション
導入規模
  • クライアントPC: 200台
導入前の課題
  • ビジネスを支えるITの安定稼働のため、万全なセキュリティ対策が必要
  • PC台数増加に伴うセキュリティ運用の工数増大
導入効果
  • 10年以上に渡る安定したセキュリティ対策の実現
  • インストールから管理、運用までの工数削減

これまで10年以上マカフィー SaaS エンドポイントプロテクションを使い続けてきました。
私たちの業務環境を守ってくれた実績と安心感。そして何より、運用管理の手軽さを知っているので、これからも使い続けます

「バルブの生産から販売までを支えるITを、マカフィー SaaS エンドポイント プロテクションで保護」

日本ダイヤバルブ(株)はダイヤフラムバルブ、ボールバルブ、バタフライバルブなどの製品を製造し、販売してい るバルブ専門メーカーです。流体を流したり止めたり、流量を調整したりするためのバルブを製造しています。主な使用用途は石油プラントや火力発電所、上下水道施設などで、最近はバイオ関係の施設からの受注も増えています。

企業の運営から工場での生産、販売まで、業務のあらゆるシーンでPCが使われています。なければ顧客とのやりとりにも工場での生産にも支障をきたします。そうしたことが起こらないようにウイルス対策には万全を期しています。もう10年以上も使い続けているのが、マカフィー SaaS エンドポイント プロテクションです。

「バルブの少量多品種展開に欠かせないIT」

- バルブの製造、販売においてITはどのように活用されているのでしょうか。その重要性について教えていただけますか。

日本ダイヤバルブ(株)で作っているのは、流体を流したり止めたり、流量を調整するためのバルブです。流体と一口に言ってもその種類は様々で、液体も気体もあります。

高い気密性が求められる用途もあれば、金属を腐食させる性質を持つ流体に使われる場合もあります。こうした様々な用途に対応した製品を作るため、バルブの大きさはもちろん、その素材にいたるまで細かいオーダーに対応する少量多品種生産を行っています。

幅広いオーダーに応えられるようにするため、多様な素材の在庫も用意しています。また、納期に合わせて必要な数のバルブを生産するために、工場での生産も細かく管理しています。

少量多品種生産の実現に欠かせないのが、ITです。見積もりから受注、生産管理、材料と完成品それぞれの在庫の 把握から出荷指示にいたるまで、業務のあらゆるシーンでPCや業務アプリケーションが使われています。

もしもこれらのITが使えなくなってしまったら、生産はもちろん、受注や見積もりにも支障をきたすことになります。販売先や仕入れ先との連絡にも、PCは使われています。たとえ数時間でもPCを使えない時間が発生したら、その間は取引先との連絡さえ難しくなってしまうのです。

そのような事態を招かないよう、PCを含めたITの安定稼働には以前から注力してきました。もちろん、ウイルス対策もそのひとつです。もう10年以上も前からマカフィー SaaSエンドポイント プロテクションを使い、全端末を保護してきました。使い始めた当時は、まだSaaSという言葉もなく、違う製品名だったと思います。

- 10年以上前からウイルス対策に力を入れてきたとのことですが、製造業においてウイルス対策はどのような意味を持つのでしょうか。

バルブひとつ発注するに際しても、どのような施設で、どのような流体を、どのように制御するのか、細かいビジネス上の要件を聞かなければならない場合があります。ITの安全性をきちんと確保できていなければ、そのような重要な情報を安心して預けてはいただけないでしょう。

私たちは、ウイルス対策には2つの側面があると考えています。ひとつは、ウイルスを受け取った場合の被害の抑制 です。取引先とのやりとりにインターネットを使う以上、数多くの脅威に晒されることを覚悟しなければなりません。不特定多数を狙うスパム、Webを介したウイルス感染など、その脅威を数え上げればまさに枚挙にいとまがない ほどです。

その中で安全にビジネスを進めて行くためには、ウイルスを受け取ってしまった場合に即座に発見し、駆除できる 体制を整えておかなければなりません。

もうひとつは、ウイルスの感染源にならないことです。たとえば機密情報を扱わない端末であれば、情報漏えいを 引き起こすウイルスに感染しても当社に被害は発生しません。しかし、そこから取引先へとさらに感染が広がってしまうのは大きな問題です。

取引先のリスクにならないよう、ITを安全に適切に管理していく必要があります。そのためにもウイルス対策ソフトの導入が必要だったのです。

a

日本ダイヤバルブ( 株)では少量多品種かつ高品質なバルブの提供のため、工場での生産、見積もりや販売の管理など、様々な場面でIT が活用されています。

「スキャン時の負荷の低さ、運用の容易さからマカフィー SaaS エンドポイント プロテクションを採用」

- 10年以上前とはいえ、すでに多くのベンダーからウイルス対策ソフトは出揃っていたことと思います。その中からマカフィー製品を選ばれた理由を教えてください。

SaaS エンドポイントプロテクションを実際に使ってみて負荷の低さや運用の簡単さを実感したことが大きいですね。

きっかけは、購入したPCに体験版がプリインストールされていたとか、そういう些細なことだったように思います。

同じようなきっかけで他のウイルス対策製品も使ったことがあると思いますが、それらに比べてウイルススキャン時の負荷が少なかったという印象が残っています。設定も分かりやすく、パターンファイルの更新など運用が簡単だったというのも記憶に残っていますね。

PCの導入台数が増えるにしたがって、ウイルス対策製品を統一し、運用管理の効率化をはかろうと思ったとき、マカフィー製品がいいなと思ったのはそうした経験があったからです。システムベンダーさんのお勧めも聞いたのですが、そこでもマカフィー製品を薦められ、全社での導入に至りました。

当時は珍しかったSaaS製品を選んだのは、パターン定義ファイルからウイルススキャンエンジン、製品自体にいたるまですべて自動でアップデートしてくれることに魅力を感じたからです。

セキュリティの世界は日進月歩ですから、ウイルス対策ソフトも毎年のように新製品が発売され、ソフトのアップデートが必要になります。PCの台数が多いと、このアップデートだけでもかなりの時間と労力を費やさなければなりません。

その点、マカフィー SaaS エンドポイント プロテクションなら常に最新のソフトウェアをインストールでき、パターン定義ファイルなどとともにウイルススキャンエンジンも自動的にアップデートされます。

「管理、運用はほとんど手間いらず。遠隔拠点にあるPCの更新状況もオンラインで確認でき、メンテナンスもリモートで実施可能」

- マカフィー SaaS エンドポイント プロテクションの利用状況、運用状況について教えていただけますか。

現在、ネットワークにつながっているPCは約200台あり、そのすべてにマカフィー SaaS エンドポイント プロテクション が導入されています。新たにPCを購入すると、まず最初にこれをインストールしてから、必要なアプリケーションのインストールや設定を行ったうえで現場に設置しています。

インストール自体も簡単ですが、その後の運用はもっと簡単ですね。ウイルススキャンエンジンのアップデートも自動 設定で任せっきり。後は適宜、気になったタイミングでパターン定義ファイルの更新状況などをチェックするだけで運用できています。

ネットワークに繋がれていないPCが10台程度あるのですが、こちらにもマカフィー SaaS エンドポイント プロテクションはインストールされています。オンラインでの自動アップデートでは対応できないので、資産の棚卸やPCの入れ替えの機会にネットワークに繋いでアップデートしています。

マカフィー SaaS エンドポイント プロテクションのいいところは、PCがある場所までいかなくても更新状況を確認でき、アップデートされていない場合は管理者側からリモートインストールも可能だということ。西日本や九州に広がる支店、営業所で使われているPCのウイルス対策も、東京の本社からリモートで管理できるのです。

マカフィー製品の使い勝手の良さ、性能の高さを実感しているので、違う製品ではありますが、サーバー類にもマカフィーのウイルス対策ソフトをインストールして使っています。

管理側だけではなく、ユーザーの負担も少ないと好評です。アップデート時やウイルススキャン時にPCの動作が遅くなるほどの負荷がかからないので、業務中にマカフィー SaaS エンドポイント プロテクションの存在を気にすることはないでしょう。

「Windows XPから新OSへの入れ替えなど変化のタイミングを迎えるPC環境を、今後も変わらずマカフィー SaaS エンドポイント プロテクションが守る」

- 今後考えられているIT面での取り組みについて、展望をお聞かせください。今後もマカフィー製品は活用されていくのでしょうか。

現在、Windows XPのサポート期限切れに伴うPCの大幅入れ替えや、業務アプリケーションの改修を進めているところです。特殊な製品を扱っているので、業務アプリケーションも独自開発したものを使っており、対応は容易ではありませんでした。ようやくアプリケーションの改修が終わり、新OSからも利用可能な状況を用意できたので、今はPCの入れ替えに取り掛かっているところです。

今後、新しいPCや新しいOSが社内に次々導入されていくと思いますが、そこでも変わらずマカフィー SaaS エンドポイント プロテクションを使い続けるつもりです。これまで10年以上使い続け、私たちの業務環境を守ってくれた実績と安心感。そして何より、運用管理の手軽さを知っているので、他製品に乗り換える気にはまったくなりません。

お客様に届けるのが本来の仕事。そのためにITは欠かせないけれど、その運用、管理のためだけに多くの時間を割きすぎるのは、本末転倒と言わざるを得ません。手軽に使えて、しかもきちんと最新の脅威に対応し続けてくれるマカフィー SaaS エンドポイント プロテクションに、今後も期待しています。

実はグループ会社で他社製品を使っているので話を聞くことがあるのですが、毎年の製品アップデートに合わせて全端末のアプリケーション更新作業を行っているそうです。すべて自動でオンラインアップデートされるマカフィーSaaS エンドポイント プロテクションの環境を当然のことのように感じている私たちにとって、考えられないような作業負荷です。

「管理、運用はとにかく楽ですね。手間をかけずに安心を得られるという意味でこれ以上のものはないと思っています」

管理本部 経理部
部次長・情報管理課長
増山雅彦 氏

ページ上部へ