McAfee Security Innovation Alliance (SIA)

Security Connections Webcast Series

Lower the cost of ownership through smart integrations

大半の組織では、異なるベンダーのセキュリティ製品を併用しています。しかし、ベンダーが異なるため、これらの製品は相互に連携していません。現在の変化の脅威状況に対応しようとすると、運用コストが増加するだけでなく、リスクが高まる可能性もあります。このような脅威を検出し、リスクを軽減してコンプライアンスを維持するには、相互に連携したオープンなアプローチが必要になります。

はじめに

McAfee Security Innovation Alliance (SIA) は、次のことを行う技術提携プログラムです。

  • 相互運用可能なセキュリティ製品の開発を促進する
  • 複雑な顧客環境でもこれらの製品を簡単に統合できるようにする
  • これまでの投資を最大限に生かすソリューションを提供し、問題解決までの時間の短縮と運用コストの削減を図る

マカフィーと SIA パートナーの提携は複数の顧客で重要な機能を果たしています。相互の顧客の要件を満たすため、革新的な統合ソリューションが生まれています。これにより、脅威の可視性が改善され、新しい強力なセキュリティ対策とワークフローが提供されています。たとえば、SIA パートナーは自社のリアルタイム監視機能と脅威検出機能にマカフィーのインシデント対応とコンプライアンス レポート機能を追加することができます。

McAfee SIA パートナーは、それぞれの市場セグメントをリードし、革新的な製品を提供している企業から選ばれています。すでに多くのベンダーが参加している SIA は、業界で最高の技術提携プログラムとして急速に発展しています。各パートナーが提供するサービスの概要については、SIA パートナー一覧でご確認ください。

どのパートナーも最初は Associate パートナーから始まります。1 つ以上のユース ケースでマカフィーの統合テストを完了すると、Technology パートナーに昇格し、自社の統合製品が McAfee Compatible 製品として認定されます。

SIA プログラムの詳細については、SIA の小冊子(英語)と SIA プログラム概要をご覧ください。マカフィーのセキュリティ ソリューションを補完するパートナーについては、英字順の SIA パートナー一覧をご確認ください。

概要

McAfee Security Innovation Alliance (SIA) は、相互運用可能なセキュリティ製品の開発を促進し、これらの製品を複雑な顧客環境で簡単に統合できるようにする技術提携プログラムです。このパートナーシップにより、1 社では提供できない総合的なソリューションを提供することができます。

マカフィーの Security and Risk Management (SRM) ソリューションは 35,000 を超える組織で利用されています。マカフィーの業界最先端のオープン アーキテクチャと統合することで、自社のセキュリティまたはコンプライアンス ソリューションをこれらの組織に提供することが可能になります。SIA に参加してマカフィーのコア製品を補完する機能を追加することで、新しいビジネス チャンスが生まれます。このプログラムでは、共同マーケティング、リード ジェネレーション、チャネル シナジーなどにより、パートナー、顧客、チャネル パートナー、マカフィーが Win-Win の関係を構築することができます。

最近の攻撃は高度化しています。単に業務に支障をきたすだけでなく、攻撃によってブランド イメージが低下したり、法的責任が問われる場合もあります。規模の大きい組織や企業では、自社のセキュリティとコンプライアンス要件を満たすため、複数のベンダーからソリューションを調達しています。しかし、現在のセキュリティ脅威の状況や経済情勢から、保護能力を強化し、運用コストの削減とをコンプライアンスの簡素化を図るために、複数のベンダーの製品を連携する必要性に迫られています。

パートナー統合トラック
McAfee SIA パートナーは次のいずれかの統合トアックを選択できます。

  • 大半の SIA パートナーは、ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して、McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) プラットフォームとの統合を行っています。ePO は セキュリティとコンプライアンスを一元管理するプラットフォームで、35,000 以上の顧客で採用され、6,000 万のエンドポイントを管理しています。マカフィーは、ヘルプデスクでパートナーの開発作業をサポートし、互換性テストを行っています。
  • データ保護 (DP) の SIA パートナーは、自社の技術でマカフィーの DP 暗号化ポートフォリオを強化し、相互運用性を実現しています。このパートナーは、認証 (スマートカード、USB セキュリティ トークン)、スマートカード リーダー、暗号化 (ハードディスクの暗号化) ソリューションを主な対象としています。マカフィーとの統合で、顧客が求める共同ソリューションを提供しています。

パートナーの参加レベル
McAfee SIA では、パートナー レベルを上げることでより多くのメリットを得ることができます。

  • Associate パートナー: マカフィーのエンジニアリング リソースにアクセスして、自社製品をマカフィーのソリューションに対応させることができます。統合を完了する前でも、いくつかの共同マーケティングに参加できます。
  • Technology パートナー: 自社の McAfee 対応ソリューションを販売しているパートナーです。Associate パートナーのメリット以外にも、McAfee Compatible ロゴを使用したり、マーケティング、顧客、チャネル イベントに参加できます。
  • Sales Teaming パートナー: Technology パートナーの中からマカフィーの製品ポートフォリオを補完するパートナーが選ばれます。マカフィーは、これらのパートナーとともに、大規模な組織・企業に総合的なセキュリティ ソリューションを提供しています。

メリット

McAfee Security Innovation Alliance (SIA) パートナーの皆様は、参加レベルと統合トラックに応じて様々なメリットを得ることができます。

技術的なメリット

  • McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) ぷらとフォームとの統合を実現するために Associate パートナーとしてプログラムに参加した場合、ソフトウェア開発キット (SDK) をダウンロードしたり、オンライン トレーニングを受講できます。また、テクニカル サポートの KnowledgeBase や開発者支援リソースを利用できます。アライアンス マネージャーが常にサポートします。
  • 弊社のデータ保護製品との統合を選択した場合、マカフィーのサポートを受けながらロードマップで優先順位を決めることができます。

販売/マーケティングでのメリット
マカフィーでは、製品への理解を深め、見込み客の掘り起こしに役立つ様々なツールを用意しています。パートナーの皆様はマカフィーのイベントに招待される場合があります。これにより、重要な見込み客と顧客を開拓し、マカフィーと市場投入戦略を実践することができます。

以下の表では、弊社のパートナーの皆様が得られるメリットの一部をまとめました。パートナーの統合トラックによっては、これ以外のメリットが受けられる場合があります。

イネーブルメントのメリットAssociate パートナーTechnology パートナー
ウェルカム キット
SIA の技術責任者へのアクセス
技術的な製品トレーニング (オンライン)
テクニカル ニュースレター
技術的なメリットAssociate パートナーTechnology パートナー
関連するマカフィー製品の非売品コピー
マカフィー製品ロードマップのレビュー 招待 招待
McAfee SDK と開発者サポート (ePO 統合トラック) へのアクセス 担当者 (2 名) 担当者 (2 名)
テクニカル サポートの KnowledgeBase へのアクセス (ePO 統合トラック)
McAfee SIA 開発者会議 (ePO 統合トラック)
販売/マーケティングでのメリットAssociate パートナーTechnology パートナー
SIA パートナー一覧
マカフィーのイベント/展示会、スポンサーシップ 招待 招待
McAfee Compatible ロゴ  
マカフィーのニュースレターで製品の互換性を発表  
マカフィーとパートナーの販売チームが使用する PowerPoint デック  
マカフィー ブランド付きのソリューション概要 (2 ページ、顧客に提供)   招待
共同ソリューションに対するマカフィー セールス エンジニアリング トレーニング   招待
プレス リリース 招待 Technology パートナーに対するプロモーションを発表
Web セミナーへの参加   招待
パートナーの諮問会議   招待
MDF   招待

要件

マカフィーとの技術提携のメリットをフルに活用するには、McAfee Security Innovation Alliance (SIA) プログラムの要件を満たしている必要があります。SIA プログラムに参加するには、所定の条件を履行しなければなりません。使用料が別途必要になる場合もあります。弊社では、パートナーの皆様がマカフィー製品およびソリューションとの互換性を簡単に実現し、弊社のビジネスにご支援いただけるように、プログラムの定義を規定しています。ご不明な点がございましたら、sia_information@mcafee.com までお問い合わせください。

要件Associate パートナーTechnology パートナー
プログラム契約
専任のアライアンス マネージャー
専任のマーケティング担当者
専任の開発担当者 (2 名)
年間のプログラム使用料 統合トラックに基づく 統合トラックに基づく
互換性テスト利用料 統合トラックに基づく 統合トラックに基づく
プライマリ サイト上の Web ページ  
マーケティング マテリアルでの McAfee Compatible ロゴの使用  
各メジャー リリースに対する互換性テスト  

パートナー一覧

McAfee Security Innovation Alliance (SIA) は、世界最高のセキュリティ技術の統合を目指すテクノロジのエコシステムです。統合段階は様々ですが、数十のベンダーが McAfee SIA に参加しています。このプログラムは、業界で最高の技術提携プログラムとして急速に発展しています。

SIA パートナーは、それぞれの市場セグメントをリードし、革新的な製品を提供している企業から選ばれています。どのパートナーも最初は Associate パートナーから始まります。1 つ以上のユース ケースでマカフィーの統合テストを完了すると、Technology パートナーに昇格し、自社の統合製品が McAfee Compatible 製品として認定されます。Technology パートナーの中からマカフィーの製品ポートフォリオを補完するパートナーが Sales Teaming パートナーとして選ばれます。マカフィーは、これらのパートナーとともに、大規模な組織・企業に総合的なセキュリティ ソリューションを提供しています。

最適なソリューションを探しましょう。以下のパートナー名をクリックして、パートナーの統合状況をご確認ください。あるいは、英字順に並んだ SIA パートナー一覧をご覧ください。

パートナーの市場カテゴリAssociate パートナーTechnology パートナー
Sales Teaming パートナー
ネットワークのセキュリティと管理
  • 会社のネットワークに対するデバイス アクセスを規制
  • セキュリティ監視とインシデント対応を統合
  • ネットワークで収集されたイベントにフォレンジック調査を実施
アプリケーションとデータベースのセキュリティ
  • 異種環境のプラットフォームでデータベースのセキュリティ リスクを識別
  • VoIP、ビデオ会議、インスタント メッセージなどのリアルタイム アプリケーションを保護
  • 暗号化されたコンテンツを含む様々なアプリケーション コンテンツを調査
 
盗難対策とフォレンジック
  • 強力なフォレンジックでインシデントに対応
  • 挙動不審な従業員を調査
  • ステガノグラフィー、ハッキング ツールキット、暗号化、キーロガーなど、エンドポイントに対する脅威を阻止
エンドポイント、電源/バックアップ管理
  • セキュリティ侵害を防ぎながら PC のバッテリー消費量を低減
  • スケジュールによるスキャンと更新で PC のバッテリー消費を調整
  • ライセンス管理、ポリシー施行、パッチ適用により、資産を管理
リスクとコンプライアンス
  • 脆弱性を解析して、リスクに基づき修復作業の優先度を判断
  • 対象を限定したポリシーとコントロールでリスクを回避
  • 特権ユーザー アクセスを監視し、内部の脅威を排除
認証と暗号化
  • 機密データに対する未承認アクセスを阻止
  • 強固な認証でリスクを軽減
  • 様々なスマートカードと生体認証オプションに対応
コンテンツ セキュリティ
  • 様々なアプリケーションと静的コンテンツを調査
  • ユーザーによるメールと文書の分類を可能にし、McAfee DLP の機能を強化
  • McAfee DLP の機能を拡張し、SAP や Oracle などのエンタープライズ アプリにも対応
モビリティとその他のセキュリティ
  • 物理インフラと仮想インフラのセキュリティを一元管理
  • モバイル端末を保護するマカフィー セキュリティで通信費用をリアルタイムで管理
  • モバイル端末のコンテンツとアプリケーションを保護し、BYOD に対応

* このパートナーの製品はまもなくマカフィー対応製品になる予定です。