Intel Security
open

概要

「点で守る」から、「面で守る」へ McAfee Security Connected

詳細はこちら

重要なサーバーの構成を自動的に管理

未承認の変更をブロックすることで、監査作業の時間を短縮し、コストを削減します。 使いやすいインターフェースを備えた McAfee Configuration Control を使用すると、設定やポリシーの施行時に変更アラートを受信できます。また、独自の IT コンプライアンス基準を簡単に作成できます。

  • 時間枠、変更元、承認済みの作業チケットに基づいて変更を許可します。承認されたプロファイルにない変更は拒否されます。
  • 変更をリアルタイムで把握できます。 重要なコンポーネント、ファイル、サーバー内のオブジェクトをプロファイルに定義して監視します。
  • 監査の準備期間が劇的に短縮されます。予定にない変更や不要な変更で無駄なコストが発生することはありません。
データシートのダウンロード

監査と構成を簡素化

監査と設定評価を自動化

最新のデータ、強力なダッシュボードとレポート、適用除外管理を使用することで、監査と設定で必要な手順が少なくなります。 評価、アラート、変更イベントの詳細、施行ポリシーが記載されたレポートを作成できます。

整合性の制御

変更をリアルタイムで追跡し、変更が発生した場合にはすぐにアラートで通知します。これにより、整合性の侵害やコンプライアンス違反の可能性を抑えることができます。

変更ポリシーとプロセスの施行

サーバーに IT 制御を実装し、システムに対する未承認の変更を拒否します。突発的な変更や不要な設定を排除できます。

重要な問題に特化

新しいベンチマーク基準を簡単に定義できます。新しいプロファイルを定義すると、監視が必要な問題に集中できます。 McAfee Configuration Control を使用すると、コンプライアンス管理で発生するエスカレーションを少なくすることができます。

業界ベンチマークの統合

変化するコンプライアンス基準に対応できます。 このようなベンチマークは、NIST などの承認ソースからダウンロードし、更新します。詳細なセキュリティ ガイドが数分以内に表示されます。

「点で守る」から、「面で守る」へ McAfee Security Connected

詳細はこちら

リソース ライブラリ