McAfee Email Gateway

McAfee Email Gateway

大企業向けの総合的な電子メール保護

概要

McAfee Email Gateway では、受信メールの脅威対策、送信メールの暗号化、高度なコンプライアンス対応、データ漏えい防止、管理作業を配備が容易な 1 つのアプライアンスから実行できます。包括的な電子メール セキュリティ ソリューションである Email Gateway は、単独だけではなく、McAfee SaaS Email Protection & Continuity と併用して統合ハイブリッド ソリューションとしても使用できます。保護対策を個別に用意する必要はありません。統合されたセキュリティ環境が実現されるので、電子メール セキュリティを強化しながら運用コストを削減できます。

Email Gateway の特徴は次のとおりです。

総合的な受信対策 - スパムをブロックするだけではありません。Email Gateway の強力なスパム スキャン技術により、99% の正確さで受信スパムを識別し、ブロックします。 また、マルウェア、ゼロアワー攻撃、フィッシング詐欺、ウイルス、複合型攻撃、ディレクトリ ハーベスト、サービス拒否 (DoS)、バウンスバック攻撃、大量のスパム、などの脅威からネットワークを保護します。

データを保護する総合的な送信対策 - 300 種類以上のドキュメントをスキャンする McAfee Data Loss Prevention と同じ暗号化 (プッシュ、プル、TLS、S/MIME、PGP)、組み込みのデータ漏えい防止 (DLP) 機能を使用できます。追加料金はかかりません。このコンプライアンス機能と DLP の機能は、Email Gateway 管理者インターフェースまたは McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) から使用できます。高度なコンテンツ スキャン技術と複数の暗号化技術を使用し、ポリシー ベースのメッセージ処理を行う Email Gateway は、送信による情報漏えいを防ぎ、重要なデータを保護します。

McAfee ePO により、簡単で強力な管理作業に — Email Gateway を使用すると、強力な電子メール保護を行うことができます。カスタマイズ可能なエンタープライズ クラスのレポート、エクスポート可能なログ ファイル、リアルタイム ダッシュボード、アラートを利用できます。Email Gateway は、柔軟な配備モデルの採用により、優れたパフォーマンス、拡張性、安定性を維持しています。これにより、最大の ROI を得ることができます。

仮想化ソリューション - Email Gateway アプライアンスは仮想アプライアンスとしても使用できます。仮想化にはいくつかのメリットがあります。物理アプライアンスよりもコストが低く、最大の柔軟性を備えています。たとえば、複数のソリューションを 1 つのサーバーに統合できます。

McAfee McAfee Global Threat Intelligence (GTI) で強化されたセキュリティ - McAfee GTI は、クラウド ベースの包括的な脅威情報サービスです。多くのマカフィー セキュリティ製品に統合され、リアルタイムで常時稼働し、ファイル、Web、メッセージ、ネットワークで発生しているサイバー脅威から顧客を保護します。McAfee GTI は、様々な脅威データを収集して相関分析を行います。このサービスは、市場の多くの製品に統合することができます。McAfee GTI ネットワークでは、対応製品が複数のベクトルで脅威をリアルタイムで評価します。脅威をより確実かつ迅速に識別できます。Email Gateway は、メッセージ、ネットワーク、Web のレピュテーション サービスを使用し、不正なペイロードが存在する電子メールを識別します。

特徴・利点

リアルタイムの Global Threat Intelligence で送受信されるマルウェアやスパムの脅威を阻止

世界各地のマカフィー セキュリティ デバイスが収集したネットワーク、ファイル、Web、メッセージのレピュテーション情報を使用し、スパム、マルウェア、悪質な URL、ゼロアワーの脅威、その他のメール関連の脅威をより速く、正確に検出します。ディレクトリ ハーベスト、サービス拒否 (DOS)、バウンスバック、スパムの攻撃を阻止二重のウイルス対策による多重防御でコンプライアンス要件を満たします。この組み込みの機能により、ライセンス費用を削減し、管理作業を軽減できます。2 つめのウイルス対策エンジンは、無効にすることも、有効にして徹底的なスキャンを行うことも可能です。最適モードで実行すると、McAfee ウイルス対策エンジンを通過したものだけがスキャンします。

グレーメールのフィルタリングで迷惑メールを減少

迷惑メールの中には、不正なものではなく、ユーザーが以前に請求したものもあります (業界のニュースレターやお知らせなど)。このようなメールが不要になっている場合、受信者にとって非常に迷惑な物となります。グレーメール フィルターを使用すると、管理者がグレーメール ポリシーを個人またはグループに設定できます。メールボックスがグレーメールでいっぱいにならないように、この機能の設定をエンドユーザーに許可することもできます。

簡単な配備でプライバシーを保護

別の暗号化製品を使用したり、統合する必要はありません。幅広いユーザーに対応しているポリシー ベースの暗号化機能が組み込まれています。B2B (TLS、S/MIME、OpenPGP) や B2C (プッシュ、プル、プッシュ/プル) 技術にも対応しています。暗号化機能を導入していないユーザーでも、電子メールの送受信を安全に行うことができます。

詳細なコンプライアンス テンプレートで漏えいのリスクを排除

ポリシーを柔軟に作成して施行できます。また、エンタープライズ クラスのロギング機能、リアルタイム ダッシュボード、レポート機能により、管理作業とコンプライアンス対応の付加を軽減し、コストを削減することができます。Email Gateway には McAfee Data Loss Prevention (DLP) と同じ 114 のコンプライアンス テンプレートが用意されています。これらのテンプレートは、GLBA、HIPAA、SOX などの法規制に対応しています。

構造化データと非構造化データの保護

業界で最高の電子メール DLP 機能でデータ漏えいを防ぎます。キーワードとパターン一致以外に、フィンガープリント、字句解析、クラスタリング技術を使用し、構造化データと非構造化データの両方を検出できます。ポリシー ベースのメッセージ処理により、送信によるデータ漏えいを防ぎます。業界最高の電子メール コンテンツ解析ツールにより、あらゆる形式の機密コンテンツを管理できます。これにより、政府や業界の多くの規制を遵守できます。Microsoft 文書や PDF だけでなく、300 種類以上のデータをスキャンし、保護します。Email Gateway と McAfee DLP Prevent を統合すると、機密データをより正確に識別して管理し、リスクを最小限に抑えることができます。

柔軟な配備方法

Email Protection でハイブリッドなソリューションを利用できます。電子メールを保護する 2 つのソリューションの費用を負担する必要はありません。継ぎ接ぎのソリューションに見られる無駄もありません。クラウド ベースのソリューションに移行することもできます。Email Protection で統合ハイブリッド ソリューションを実装し、Email Gateway アプライアンスと McAfee SaaS Email Protection and Continuity を使用すると、1 つの管理インターフェースで最高のセキュリティ対策を実施できます。クラウドでマルウェアをブロックし、スパムをフィルタリングするので、帯域幅を節約できます。オンプレミスの Email Gateway (仮想アプライアンス、ハードウェア アプライアンス、ブレード サーバー) で暗号化、ポリシー作成、データ漏えい防止を行い、重要なデータを保護します。

システム要件

McAfee Email Gateway はいくつかの方法で配備できます。既存の電子メール サーバーの前に仮想マシン、ハードウェア アプライアンス (サイズの異なる 4 つのアプライアンス)、ブレード サーバー アーキテクチャとして配備できます。

仮想アプライアンス

仮想アプライアンスの場合、ハードウェアに最小の要件があります。実際の要件は、ご使用の環境によって異なります。

McAfee Email Gateway を仮想環境で使用する場合には、次のプラットフォームが必要です。

  • VMware ESX 4.1 以降
  • VMware Player

ハードウェア アプライアンス

大規模な組織から中規模の企業向けのアプライアンスです。厳しいビジネス環境でも手頃な価格でセキュリティと拡張性を実現できます。

EG-4000、EG4500、EG5000、EG5500 の詳細については、McAfee Email Gateway Appliance ハードウェア仕様をご確認ください。

Blade サーバー

McAfee Content Security Blade Server は独立したデバイスです。製品仕様については、Content Security Blade Server データシートご覧ください。Content Security Blade Server は、1 つのベンダーの単一のアプライアンスを使用することで、インフラ セキュリティの複雑な問題を解決しています。詳細については、ビデオをご覧ください。

受賞歴/レビュー

SC Magazine Innovator
SC Magazine 2013、マカフィーと McAfee Email Protection を Industry Innovator に選出

SC Magazine は、マカフィーと McAfee Email Protection を Industry Innovator に選出しました。

CRN、2013 年に提携すべき企業のトップ 25 にマカフィーを選出
CRN、2013 年に提携すべき企業のトップ 25 にマカフィーを選出

CRN Research は優れた技術を持つ上位 25 社を発表しました。この調査では、12 の製品カテゴリに分け、IT ソリューション プロバイダー (SP) が約 230 社の中から現在あるい今後提携したい企業を選びました。様々な規模の 1,000 の SP が調査に参加しました。

SC Magazine Best Buy
SC Best Buy Recognition 2013 でMcAfee Email Protection が 5 つ星の評価

McAfee Email Protection が二年連続で SC Magazine の 5 つ星評価と Best Buy 賞を受賞しました。「強み: 簡単な設定と管理操作、セキュリティとコンプライアンス用の事前定義テンプレート。弱点: 特になし」

Gartner
マカフィー、Gartner Magic Quadrant 2013 の Secure Email Gateways 部門でリーダーと評価

世界大手の調査会社 Gartner, Inc. が 2013 年 7 月 2 日に発表した Magic Quadrant for Secure Email Gateways で、マカフィーが最優秀企業に選ばれました。

マカフィー: 2013 年の最も優れたクラウド セキュリティ ベンダー トップ 20 に選ばれる
CRN、2013 年の最も優れたクラウド セキュリティ ベンダーとしてマカフィーを評価

大手セキュリティ ベンダーのマカフィーが、メール、Web、ID 認証トラフィックを保護するクラウド セキュリティの提供を開始しました。

SC Magazine Innovator
SC Magazine 2012、マカフィーと McAfee Email Protection を Industry Innovator に選出

マカフィーが Innovator に選ばれた理由は、イノベーションの最も重要な部分に対する思想にあります。情報保証は難しく、時には不明瞭な課題です。McAfee Email Protection の担当するネットワーク セキュリティ部門は、このような課題に対して革新的なソリューションを生み出しています。

Forrester
Forrester Research、「The Forrester Wave: Email Content Security, Q4 2012」でマカフィーをリーダーと評価

調査会社の Forrester Research, Inc. が「The Forrester Wave™: Email Content Security, Q4 2012」でマカフィーをリーダーとして評価しました。これは、マカフィーの電子メール保護製品の機能、安定性、柔軟性、効率性が評価された結果です。

Gartner
マカフィー、2012 年 Gartner Magic Quadrant の Secure Email Gateways 部門で最優秀賞を受賞

世界大手の調査会社 Gartner, Inc. が 2012 年 8 月 15 日に発表した「Magic Quadrant for Secure Email Gateways」で、マカフィーが最優秀企業として選択されました。これは、マカフィーの電子メール保護製品の機能、安定性、柔軟性、効率性が評価された結果です。

SC Magazine Best Buy
SC Best Buy Recognition 2012 でMcAfee Email Protection が 5 つ星の評価

最高の IT 製品とは、低コストで使いやすく、豊富な機能を備えているものです。McAfee Email Protection は、電子メール セキュリティとコンテンツ フィルタリングの分野でこれらの条件を満たしています。評価: Best Buy に値する本当にすばらしい製品

CRN
CRN、2012 年の最も優れたクラウド セキュリティ ベンダーとしてマカフィーを評価

インテル傘下のセキュリティ企業がクラウド セキュリティの提供を始めました。マカフィーの中核部分はクラウド セキュリティ プラットフォームで、メールや Web、ID などのデータをクラウド上に保管し、保護しています。

SC Magazine 2012 の最終選考に残る
SC Magazine の Best Email Security 2012 で McAfee Email Protection が最終候補に

McAfee Email Protection が SC Magazine Best Email Security の最終候補に残りました。このカテゴリでは、電子メールを安全に交換し、メッセージのプライバシーを保護する製品を対象にしています。McAfee Email Protection は、その効率性、管理機能、非侵入型、使いやすさ、実装に影響を及ぼす他の要因が高く評価されています。

SC Magazine 2011
McAfee Email Protection、SC Magazine 2011 で 5 つ星の評価

McAfee Email Protection が SC Magazine で 5 つ星の評価を得ました。機能、使いやすさ、パフォーマンス、ドキュメント、サポート、投資価値のすべての点で最高の評価を得ています。

SC Magazine 2009 で最優秀賞を受賞
McAfee Email Gateway、Best Email Security Solution 2009 を受賞

SC Magazine は McAfee Email Gateway を真のマーケット リーダーと評価しました。

Virus Bulletin
McAfee Email Gateway、VB Spam Gold Award 2009 を受賞

Virus Bulletin は次のように述べています。「今回のテストでは、SMTP トランザクションで受信メールのコンテンツをスキャンし、スパム メールをブロックするように設定できた製品は他にありません。この 2 層型のブロック機能により、99.60% 以上のスパム検出率を達成しました。テストした製品の中での最高記録です」

リソース

ソリューション概要

Hybrid Email Security: Maintain privacy while gaining benefits of the cloud (英語)

Information confidentiality and reduced configuration flexibility are often cited as reasons for not taking advantage of cloud-based email security. This brief discusses how hybrid security can enable organizations with these concerns to enjoy the benefits of the cloud without sacrifice.

McAfee Delivers Comprehensive Threat Protection for the Financial Services Industry (英語)

This solution brief explains how the McAfee Security Connected approach provides advanced threat protection for the financial services industry and prevents targeted attacks.

Advanced Threat Defense for the Email Gateway (英語)

Email is a vital communication vehicle for just about every business these days—and it is also a key threat vector for cybercrooks who are looking to steal valuable data or execute inbound attacks. As part of our unified, integrated Security Connected framework, McAfee Email Gateway and McAfee Advanced Threat Defense work together to find and freeze new, unknown, and stealthy advanced threats. For a complete end-to-end solution, add McAfee Real Time to the mix to quickly identify and fix systems impacted by advanced malware.

Improve the Security of Office 365 (英語)

Learn about how McAfee Email Protection solutions can be implemented with Microsoft Office 365 for a comprehensive, layered defense against threats.

SPF, DKIM, and DMARC Demystified: The what, why, and how of email sender identity technologies (英語)

This paper discusses the what, why, and how of email sender identity technologies. When properly implemented and incorporated into your email security strategy, SPF, DKIM, and DMARC can go a long way towards securing email, your most valuable communications tool.

データシート

McAfee Email Gateway Hardware Appliance Specifications (英語)

For technical specifications on the McAfee product listed above, please view the product data sheet.

McAfee Email Gateway

上に表示されているマカフィー製品の技術概要は製品データシートをご参照ください

McAfee SaaS Email Security (英語)

For a technical summary on the McAfee product listed above, please view the product data sheet.

Comparison of Leading Email Encryption Techniques (英語)

This specifications sheet introduces some common considerations and its benefits and challenges for each of the leading email encryption techniques available.

McAfee SaaS Email Protection and Continuity

上に表示されているマカフィー製品の技術概要は製品データシートをご参照ください

ホワイトペーパー

Microsoft Office 365 for the Enterprise: How to Strengthen Security, Compliance and Control - Osterman Research (英語)

Despite the range of functionality offered in Office 365, like any cloud-based offering, it cannot be all things to all customers. There are some missing features in Office 365 that will prompt some customers to consider the use of third-party, cloud-based, or on-premise tools to enhance Office 365’s native capabilities. In this white paper, Osterman Research dives into the current limitations of Office 365 with recommendations on how organizations can strengthen security, compliance, and control in their environment.

How Cybercriminals Make Money With Your Email (英語)

Learn about the key issues that organizations should address in the context of cybercrime delivered through email, and practical advice on what organizations should do to protect themselves.

Three Steps to Get Started with Email DLP (英語)

This white paper discusses the need to identify and manage outbound content and the steps that organizations should consider in doing so.

レポート

Magic Quadrant for Secure Email Gateways (英語)

Gartner recognizes McAfee as a visionary in the Gartner Magic Quadrant for Secure Email Gateways, as published on July 1, 2014.