McAfee Enterprise Mobility Management (McAfee EMM)

McAfee Enterprise Mobility Management (McAfee EMM)

セキュアで使いやすく、拡張性に優れたエンタープライズ モビリティ

概要

携帯端末とそのデータ、アプリの保護
McAfee Enterprise Mobility Management (McAfee EMM) は、モバイルの作業環境を管理し、保護します。McAfee EMM を使用すると、どこから接続しても安心してネットを利用できるので、生産性が低下することはありません。

包括的なモバイル セキュリティ
モバイル環境では、マルウェア、紛失、窃盗、不正アクセスなどのリスクが伴います。知的財産、パートナーと顧客の情報、企業秘密など、企業には守るべき大切な情報が存在します。モバイル環境の保護は企業にとって最重要の課題です。マルウェア対策やアプリ対策など、ポリシー ベースのセキュリティを使用すると、モバイル環境を簡単に管理できます。

BYOD (Bring Your Own Device) のサポート
従業員が自分で端末を用意すれば、コストの削減にはなりますが、IT 部門にとっては厄介な問題です。従業員所有の端末の使用を許可する前に、様々な問題 (プライバシー、管理方法、使用方法、ポリシー、セキュリティ、データ管理など) を解決する必要があります。

すべてのエンドポイントのセキュリティを一元管理
McAfee EMM は、McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) によって管理されます。McAfee EMM と McAfee ePO により、ラップトップ、ワークステーション、サーバーなど、従来のエンドポイントと同じコンソールやインフラを使用してモバイル ユーザーと端末を管理できます。

統合管理で運用負担も軽減、エンタープライズ・モバイル管理製品の決定版

詳細はこちら

統合管理で運用負担も軽減、エンタープライズ・モバイル管理製品の決定版

詳細はこちら

特徴・利点

携帯端末とそのデータ、アプリの保護

McAfee EMM は、McAfee Secure Container for AndroidMcAfee VirusScan Mobile for Android、McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) とともにモバイル データを保護し、携帯端末の管理 (MDM) を行います。

セキュリティ

McAfee EMM は、次のようにユーザー、データ、アプリ、デバイスを保護します。

  • VirusScan Mobile Security for Android で端末をマルウェアから保護し、不正なソフトウェアからネットワークを保護します。
  • モバイル アプリのレピュテーションを使用してアプリを保護します。
  • マルウェアに感染した端末、制限解除/ルート化された端末、ブラックリストに登録されたアプリが存在する端末をブロックします。
  • 認証と暗号化を行います。
  • iOS 端末の VPN/Wi-Fi 接続を証明書による二要素認証で保護し、ネットワーク接続を管理します。
  • モバイル端末で脅威イベントが発生すると、管理者にアラートを送信し、制限解除/ルート化された端末、マルウェアや不審なアプリが存在する端末、ブラックリストに登録されたアプリが存在する端末を通知します。これにより、詳しい状況を把握できます。
  • ユーザーの事前認証
  • 紛失したり盗まれた端末をリモートからロックしたり、会社のデータを消去できます。また、デバイス全体のデータを完全に消去することもできます。
  • Secure Container for Android により、暗号化で保護されたストレージが提供されます。この領域では、データの切り取りと貼り付けが制限されます。
BYOD

McAfee EMM を使用すると、BYOD での通常の操作を妨げずにセキュリティを追加できます。

  • たとえば、ユーザーは iOS で普段どおりメールを確認できますが、会社のメールや添付ファイルを開くアプリは制限されます。IT 部門が指定したアプリ以外で、会社メールのコピー、転送、返信はできません。
  • 危険な Android 端末は中央のマルウェア対策とアプリ レピュテーションで管理します。メール、連絡先、カレンダー、重要な文書は、暗号化して Secure Container に保管します。この環境では、切り取りと貼り付けが制限され、文書を安全に閲覧できます。
  • iOS と Android 端末では、個人データはそのまま残し、会社のデータだけをリモートから消去できます。
  • セットアップとポリシーの配布を無線で簡単に行うことができます。
  • Android、iOS、Windows Phone など、よく使用されている端末に対応しています。
モバイルとエンドポイントのセキュリティを一元管理

McAfee EMM では、1 つのコンソールで PC、ラップトップ、サーバー、携帯端末のセキュリティを管理できます。

  • McAfee ePO を使用して、従来のエンドポイントと一緒に iOS、Android、Windows Phone 端末を管理できます。IT セキュリティの担当者、管理者、ヘルプデスクのスタッフは、デバイスの種類に関係なく、使い慣れたコンソールでユーザーを管理できます。
  • McAfee EMM は、McAfee Complete Endpoint Protection Suite にバンドルされています。予算的な制約がある場合でもモバイルの導入を進めることが可能です。
  • ユーザー、グループ、端末、オペレーティング システム別にモバイル ポリシーをきめ細かく設定できます。
  • 様々なエンドポイントで発生したイベントをダッシュボード、レポート、アラートで確認できます。状況をより正確に把握し、修復作業を行うことができます。
  • McAfee EMM では、iOS と Android 端末に会社のアプリと商用アプリを配布できます。
  • エンドユーザーにコンプライアンス イベントの修正方法を通知するので、IT ヘルプデスクへの問い合わせを減らすことができます。
  • Secure Container for Android の電子メール クライアントは様々な端末に対応しているので、ヘルプデスクの作業負荷を軽減できます。

デバイスとシステムの要件

EMM Device Agent

  • 対応モバイル OS
    • Apple iOS 5.0 以降
    • Windows Phone 7、8 (EMM Agent は不要)
    • Android 2.3 以降

EMM サーバー コンポーネント

  • ソフトウェア
    • McAfee ePolicy Orchestrator 4.6.7 以降
  • ハードウェア
    • 4 GB RAM (物理/仮想)、デュアル コア CPU
  • オペレーティング システム
    • Microsoft Windows Sever 2008 64 ビット SP2 (Standard Edition または Enterprise Edition)
    • Windows Server 2008 R2 64 ビット SP 1 (Standard Edition または Enterprise Edition)
    • Windows Server 2012 (64 ビット) (Standard Edition)
    • Windows Server 2012 R2 (64 ビット) (Standard Edition)
  • SQL Server
    • 2008 R2 (32 ビット/64ビット) (Enterprise Edition、Standard Edition、Workgroup Edition)。最新のサービス パックを適用すること。
    • 2012 (64 ビット) (Enterprise Edition)。最新のサービス パックを適用すること。
      • 設定と制限
        • データベースの照合順序は、英語 (米国) のデフォルト (SQL_Latin1_General_Cp1_CI_AS) に設定する必要があります。
        • SQL Express は、本稼働環境以外の 1 台のオンプレミス サーバーで使用するトライアル インストールの場合にのみ使用してください。
  • メール サーバー
    • Exchange 2007、2010、2013
    • Domino 8.5.3 または 9.0
  • インターネット ブラウザー
    • Internet Explorer 10.0 以降
    • Firefox 10.0以降
    • Chrome 17 以降
  • CA サーバー (PKI 環境)
    • Windows Server 2008 R2 (64 ビット) SP1 以降 (Standard Edition または Enterprise Edition)。SCEP (Simple Certificate Enrollment Protocol) を有効にすること。

受賞

McAfee Enterprise Mobility Management、Best of Mobile Data Security 2013 で金賞を受賞

投票の結果、AirWatch MDM を抑えてマカフィーがこの分野で 1 位になりました。EMM は、データ保護とマルウェア対策、一元管理機能 (暗号化によるキー管理を含む)、柔軟なポリシー制御、管理作業の軽減の点が評価され、金賞を受賞しました。

お客様の評価

Bank Central Asia (英語)

Bank Central Asia implemented McAfee solutions to protect its network, data, and 20,000 endpoints.

ハイライト
  • Eased compliance with internal and industry regulations.
  • Resulted in time savings with centralized management.
  • Provided integrated solutions to keep computers, the network, and data protected.

Morpho (英語)

Morpho chose McAfee Enterprise Mobility Management software to apply the same levels of security and control to mobile devices that it provides on laptops and desktops.

ハイライト
  • Email encryption, password access, and application control prevents unauthorized access to sensitive data
  • Mobile security provides significant time and cost savings through employee self-provisioning
  • Centralized management allows for comprehensive control and reporting
  • Extensive security empowers field technicians to do their jobs

富士ソフト株式会社

ハイライト
    マカフィー製品のお客様事例を掲載しています。詳細は上のリンクをご参照ください。

富士ソフト株式会社

リソース

ソリューション概要

McAfee Enterprise Mobility Management

マカフィー製品の様々なソリューションブリーフを掲載しています。詳細は上のリンクをご参照ください。

McAfee Enterprise Mobility Management によるAppleモバイルデバイスのサポート

マカフィー製品の様々なソリューションブリーフを掲載しています。詳細は上のリンクをご参照ください。

モバイルエンタープライズのセキュリティ保護

マカフィー製品の様々なソリューションブリーフを掲載しています。詳細は上のリンクをご参照ください。

企業におけるAndroid

マカフィー製品の様々なソリューションブリーフを掲載しています。詳細は上のリンクをご参照ください。

Smarter BYOD (英語)

As Gartner predicts, BYOD is here to stay and will soon become the rule rather than the exception. Users are eager to embrace the trend, but IT is reticent for good reason. This solution brief shows IT how to successfully get a handle on BYOD with a scalable strategy and integrated solutions that fall under the umbrella of the Security Connected framework from McAfee.

Securing the Mobile Enterprise (英語)

Learn about McAfee's comprehensive range of integrated and centrally managed data protection solutions, extending from the enterprise’s data center to desktops, laptops, USB devices, smartphones, and tablets.

Say Yes to Mobile Devices (英語)

Learn how the McAfee Enterprise Mobility Management (McAfee EMM) web services platform addresses the nuances of mobile device technology while helping IT control these devices the way they control other endpoints.

Keep Your Enemies Close: Three Steps to Bring Mobile Devices into Your Security Infrastructure (英語)

Learn how to bring mobile devices into the security infrastructure through integration with key security technologies.

Employee Use of Personal Devices (英語)

Allowing employees to use their personal mobile devices for work creates a number of risks. In this editorial brief, Jules Polonetsky, director of the Future of Privacy Forum, discusses managing these risks by balancing employee privacy concerns with security initiatives.

データシート

McAfee Enterprise Mobility Management

上に表示されているマカフィー製品の技術概要は製品データシートをご参照ください

ホワイトペーパー

McAfee Enterprise Mobility Management: 求められる包括的なソリューション

マカフィー製品の様々なホワイトペーパーを掲載しています。詳細は上のリンクをご参照ください。

小冊子

McAfee Enterprise Mobility Management

マカフィー製品のブローシャーを掲載しています。詳細は上のリンクをご参照ください。