McAfee Host Intrusion Prevention for Server

McAfee Host Intrusion Prevention for Server

プロアクティブなセキュリティでゼロデイ攻撃からサーバーを保護

概要

McAfee Host Intrusion Prevention for Server は、既知と未知のゼロデイ攻撃からプロアクティブに保護します。パッチの適用頻度と緊急性を減らすことで、セキュリティの強化とコストの削減を実現しています。Host Intrusion Prevention は、使いやすく、拡張性に優れた管理プラットフォームである McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) と統合され、他のマカフィー製品や他社製の製品と一緒に使用することができます。

包括的なセキュリティ - Host Intrusion Prevention for Server は、動作分析とシグネチャ分析だけでなく、ステートフルな動的ファイアウォールやグローバル レピュテーション技術も使用して、新たに発生する攻撃を阻止します。

高度な脆弱性シールド機能 - 保護機能の向上で新しい脆弱性を狙うエクスプロイトも阻止できます。IT スタッフは契約やテスト、パッチの配備より多くの時間をかけることができます。

サーバー保護のカスタマイズ - Host Intrusion Prevention for Server では、Web サーバーとデータベース サーバーに特化した保護対策を提供し、サーバーの稼働時間を維持します。

McAfee Global Threat Intelligence で強化されたセキュリティ - McAfee Global Threat Intelligence (GTI) は、クラウド ベースの包括的な脅威情報サービスです。すでに多くの McAfee セキュリティ製品に統合され、リアルタイムで常時稼働し、ファイル、Web、メッセージ、ネットワークで発生しているサイバー脅威から顧客を保護します。McAfee GTI は、様々な脅威データを収集して相関分析を行います。このサービスは、市場の多くの製品に統合することができます。McAfee GTI ネットワークでは、対応製品が複数のベクトルで脅威をリアルタイムで評価します。脅威をより確実かつ迅速に識別できます。Host Intrusion Prevention for Server は、McAfee GTI ファイル レピュテーション サービスとネットワーク接続レピュテーション サービスを使用して不審なファイルを検出し、不正なペイロードの侵入を防ぎます。また、感染しているドメイン/IP アドレスやマルウェアが存在するホストをブロックし、攻撃を未然に防ぎます。

特長・利点

ビジネスを保護し、継続性を維持

侵入防止システム (IPS) とゼロデイ対策により、ネットワーク、エンドポイント、アプリケーションのすべてのレベルで侵入を防止し、資産を保護します。

集中管理による時間の短縮とコストの削減

McAfee ePolicy Orchestrator (ePO) コンソールで、企業全体のサーバーを保護し、管理します。この拡張性に優れた管理プラットフォームで、配備、レポート、監査を一元管理します。

Web サーバーとデータベース サーバーに特化した保護対策

重要なサーバーに特化した保護対策で、ディレクトリ トラバーサル、SQL インジェクションなどの攻撃を阻止し、システムの稼働時間と生産性を維持します。

新たな脅威をすぐに阻止

システム ファイアウォールに統合されたレピュテーション ベースのグローバル情報 (Microsoft Windows の場合のみ) により、ボットネットやサービス拒否などの脅威を未然に防ぎます。

優先度に基づくパッチの適用

IT リソースを効率的、効果的に利用するため、パッチの適用頻度を減らし、優先順位に従ってパッチを配備します。

コンプライアンス対応の負荷を軽減

マカフィーの分かりやすいビュー、ワークフロー、イベント監視、レポート機能により、脅威を迅速に排除して修復し、コンプライアンスを維持することができます。

システム要件

以下の情報は、システムの最小要件です。実際の要件は、ご使用の環境によって異なります。

OS

  • Microsoft Windows (英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、スペイン語、中国語繁体字)
  • Microsoft Windows Server 2008 (32 ビット/64 ビット)
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard SP2 以降 (32 ビット/64 ビット)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard (32 ビット/64 ビット)
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise SP2 以降 (32 ビット/64 ビット)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise (32 ビット/64 ビット)
  • Microsoft Windows Server 2003 Web SP1 以降
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Web
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP4 以降
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server SP4 以降
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4 以降
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 4.0 (32 ビット)。対応カーネル モジュール:
    • 2.6.9-42.EL
    • 2.6.9-42.EL-smp
    • 2.6.9-34.EL
    • 2.6.9-34.EL-smp
    • 2.6.9-22.EL
    • 2.6.9-22.EL-smp
  • Sun Solaris
    • SPARC Solaris 10
    • SPARC Solaris 9 (32 ビット/64 ビット カーネル)
    • SPARC Solaris 8 (32 ビット/64 ビット カーネル)
  • SUSE Linux Enterprise
    • 10、11 (32 ビット/64 ビット カーネル)

対応する Web サーバー プラットフォーム

  • IIS 4.0、5.0、6.0 (Microsoft Windows)
  • Apache Web Server 2.0.42 以降
  • Apache Web Server 1.3.6 以降
  • Sun Java Web Server 6.1
  • Sun ONE Web Server 6.0

対応するデータベース サーバー プラットフォーム

  • Microsoft SQL Server 2005、2008

導入事例

Blackburn with Darwen Council (英語)

Blackburn with Darwen Council, a borough in the county of Lancashire, England, uses McAfee endpoint security, email management, and SIEM solutions to build an integrated, centrally managed security architecture.

City of Chicago (英語)

Chicago protects its critical infrastructure with an integrated solution from McAfee, combining SIEM, endpoint, and network security.

ハイライト
  • Maximized staff resources.
  • Malware incidents reduced by 2,000%.
  • Centralized management and analysis.
  • Integrated security event logging that captures events throughout the environment.

リソースライブラリー

データシート

McAfee Host Intrusion Prevention for Server

上に表示されているマカフィー製品の技術概要は製品データシートをご参照ください