Intel Security
open

概要

「点で守る」から、「面で守る」へ McAfee Security Connected

詳細はこちら

ポリシー以外の未承認の変更を阻止

McAfee Integrity Control は、ATM、POS システム、キオスクなどで使用されている専用端末を保護し、未承認のアプリケーションと変更を防止します。業界最先端のホワイトリスト機能と変更管理技術により、承認されたソースによる更新を許可し、ポリシーで定義されていない変更を阻止します。

  • 変更による停止時間を短縮し、コンプライアンス違反を減少させます。
  • CPU やメモリーに制約のある専用デバイスを保護します。オーバーヘッドが少なく、システムのパフォーマンスにも影響を及ぼしません。ネットワーク アクセスがないスタンドアロン モードでも有効です。
  • ホワイトリストを動的に管理し、ビジネス要件やデバイスに応じて複数の設定を保持できます。
  • McAfee ePolicy Orchestrator コンソールで配備と管理作業を一元的に行います。
ソリューション概要をダウンロード

未承認の変更を阻止し、アプリケーションを阻止

未承認のアプリケーションと変更を阻止

承認されたソフトウェアだけに PoS インフラでの実行を許可します。重要なシステムを侵害する可能性があるアプリケーションを簡単にブロックできます。未承認のものだけでなく、脆弱性のあるアプリケーションや不正なアプリケーションも阻止します。

ポリシーで変更を定義

ソース、期間または承認済みの変更チケットと比較して、変更を検証します。ポリシーに定義されていない変更は許可しません。このような変更が発生すると、管理者にアラートが送信されます。これにより、停止時間や違反を減らすことができます。

ファイルの整合性とファイルの変更を監視

ファイルとディレクトリに対して、コンテンツや権限が変更されていないかどうか確認します。McAfee Integrity Control はファイルの整合性監視を継続的に行います。環境内の脅威の有無を確認し、コンプライアンス要件を遵守します。

PCI DSS 要件の継続的な遵守

POS インフラ全体の変更イベントを継続して取得することで、PCI DSS 要件を遵守します。変更に関する情報 (変更を行ったユーザーやプログラムなど) が提供されます。

信頼できるソースを使用した動的ホワイトリスト

IT 管理者が承認アプリケーションのリストを手動で保守する必要がなくなります。信頼されたアプリケーションのリポジトリを維持し、不正なスクリプトやダイナミック リンク ライブラリの実行やエクスプロイトを防ぎます。

「点で守る」から、「面で守る」へ McAfee Security Connected

詳細はこちら

ケーススタディ

金融サービス

リソース

パラメータシート

データシート

 

システム要件の詳細については、「対応プラットフォーム一覧」を参照してください。