McAfee Network Security Manager

McAfee Network Security Manager

ネットワーク上に分散するマカフィーの侵入防止システムを一元管理

概要

McAfee Network Security Manager では、ネットワークに配備したマカフィーの侵入防止システムの状況をリアルタイムで把握することができます。Network Security Manager には Web ベースの管理インターフェースと使いやすい機能が用意されています。プラグ アンド プレイの操作にも対応しています。作業が少なくなり、エラーも少なくなるため、運用コストを削減できます。

Network Security Manager と Network Security Central Manager は、事前設定の強固なアプライアンスとして使用することも、ソフトウェアのみで使用することもできます。

Network Security Manager の特徴は次のとおりです。

迅速な配備 - テンプレートと推奨のブロック ポリシーが事前に設定されています。協力で分かりやすいユーザー インターフェースを使用して、ネットワーク侵入防止システムをすぐに開始することができます。

データをリアルタイムに制御 - マカフィーの侵入防止システムの管理、設定、監視を行います。Web ブラウザーからダッシュボードにアクセスして作業を行います。このダッシュボードはカスタマイズ可能で、どこからでもアクセスできます。

迅速な対応と問題解決 - 侵入防止システムのセンサーから最新の情報を取得できるので、脅威に迅速に対応し、的確な処理を行うことができます。

包括的な保護 - 小規模なネットワークでも、グローバル企業や大量のトラフィックが発生するデータセンターでも、侵入防止システムの設定、ポリシー、攻撃ブロック、自動応答アクションを柔軟に管理することができます。

効率的なコンプライアンス対応と報告 - 事前設定の脅威ブロック ポリシーを使用することも、独自のポリシーを使用することもできます。監査や管理で使用するグラフィカルなカスタム レポートを簡単に定義し、自動的に配布できます。

特徴・利点

一貫した可視性と制御

一元管理システムを使用して、複数の侵入防止デバイスを管理し、監視できます。全体の脅威状況とシステムのサマリーをダッシュボードで瞬時に確認できます。

的確な判断を迅速に

ネットワーク上のマカフィー侵入防止システムについて、信頼性の情報をリアルタイムで入手できます。これにより、的確な判断を行い、問題解決までの時間を短縮できます。侵入防止システムが攻撃のブロックを推奨した場合に、インライン ブロックをシミュレートし、攻撃を受けた場合の影響を判断できます。

ネットワーク管理の簡素化とコストの削減

ポリシーの自動的な作成と施行、エンタープライズ クラスの監査機能とレポート機能により、管理作業とコンプライアンス対応の負荷を軽減します。

環境に合わせたポリシーの実装

社内の場所、部門、リモート オフィスごとに異なるカスタム セキュリティ ポリシーを作成できます。グローバル ポリシー編集により、デバイス間で一貫したポリシーを簡単に設定できます。

配備直後から攻撃を阻止

14 の IPS ブロック ポリシーが事前に設定され、数百の推奨ブロック シグネチャが定義されています。導入直後から多くの攻撃を阻止できます。

リソース

データシート

McAfee Network Security Manager (英語)

For a technical summary on the McAfee product listed above, please view the product data sheet.

McAfee Network Security Central Manager (英語)

McAfee Network Security Central Manager eliminates policy maintenance bottlenecks to support compliance and improve efficiency.