Intel Security
open

概要

国内最大級の
セキュリティカンファレンス
FOCUS JAPAN 2016
開催レポート公開中

開催レポートを見る

監査プロセスの自動化

McAfee Policy Auditorは、セキュリティ監査プロセスを自動化し、内部/外部ポリシーに対する正確で一貫性のあるレポートを作成します。

  • 管理対象システム (エージェント) と管理対象外システム (エージェントなし) に統合監査を実施します。
  • ポリシー監査とエンドポイント セキュリティを統合管理します。
  • 最新のデータ、強力なダッシュボードとレポート、組み込みの適用除外管理機能で操作が簡単になります。
  • 事前定義のテンプレートとコントロールにより、配備と管理を簡単に行うことができます。
データシートのダウンロード 無料トライアル

コンプライアンス対応の時間を短縮

コンプライアンス証明の簡素化

PCI DSS、SOX、GLBA、HIPAA、FISMA などの主要な業界標準や法規制、ベストプラクティス (ISO 27001、COBIT) に対応したポリシー テンプレートが用意されています。

エンドポイント セキュリティとコンプライアンス管理を統合

McAfee Policy Auditor は、McAfee ePolicy Orchestrator の管理コンソールと統合されているので、配備、管理、レポートを簡単に行うことができます。これにより、TCO を削減できます。

最新の規格でコンプライアンスを検証

常に最新の対応基準を使用します。国立標準技術研究所 (NIST) のセキュリティ設定共通化手順 (SCAP) 検証によって Federal Desktop Core Configuration (FDCC) 基準を遵守します。

重要な業務アプリケーションの処理を妨げない

データの収集頻度を設定し、レポートを自動的に生成します。ブラックアウト ウィンドウにより、業務時間中に監査データを収集しないように設定できます。アプリケーションの処理が邪魔されることはありません。

業界ベンチマークを自動的にインポート

監督当局のサイトからベンチマークをダウンロードできます。数分以内にセキュリティ状況の詳しい説明が表示されます。法規制に対応することも、ベスト プラクティスに従って独自の内部統制ポリシーを作成することもできます。

McAfee Policy Auditor 無料トライアル

今すぐ開始

リソース

システム要件

以下の情報は最小のシステム要件です。実際の要件は、ご使用の環境によって異なります。

Operating Systems

  • Windows 8, 8.1
  • Windows 7
  • Windows Vista
  • Windows XP Pro
  • Windows 2000 (Advanced/Professional), 2003 (Enterprise/Standard), 2008
  • Windows XP, 2003, 2008 R1. 2012 R2
  • Red Hat Enterprise Linux 3.0,5.0, 5.1, 6.0 7.0
  • Red Hat Enterprise Linux (AS, ES, WS) 4.0, 5.0, 5.1
  • SUSE Linux 9, 10, 11
  • CentOS 4-7
  • Debian 5-7
  • Oracle Linux 6, 7
  • MAC OS X 10.4 – 10.10
  • HP-UX (RISC) 11iv1, 11iv2, 11.2, 11.3, 11.31; Itanium 11i, 11.3, 11.31
  • AIX (Power5, Power6) 5.3 TL8 SP5, 6.1 TL2