Intel Security
open

概要

国内最大級の
セキュリティカンファレンス
FOCUS JAPAN 2016
開催レポート公開中

開催レポートを見る

インターネット アクセスを制限せずにビジネスを保護

McAfee SiteAdvisor Enterprise は、マルウェア、スパイウェア、フィッシング詐欺などの脅威が存在する Web サイトを識別し、危険度を色別に表示します。クリックする前にサイトの安全性を確認できます。

  • 常に最新のアラートが通知されます。McAfee Global Threat Intelligence がインテリジェント ボットと仮想コンピューターを使用してインターネットを継続的にスキャンし、マルウェアが潜む Web サイトを検出します。
  • 電子メール/ダウンロード テストを行い、不審なリンクを含むサイトや有害なサイトに関連するサイトを通知します。
  • Web サイトを承認またはブロックし、リモート ユーザーに対して追加の保護を実装します。これにより、ポリシー違反を防ぐことができます。
データシートのダウンロード 無料トライアル

インターネットを安心して利用

別の角度から安全性を評価

アドウェア、スパイウェア、ウイルス、フィッシング詐欺などの Web ベースのマルウェアから従業員と組織を保護します。

事前の警告で安全に閲覧

安全なサイトと危険なサイトを色別に表示します。好ましくないサイトへのアクセスを禁止します。必要なサイトへのアクセスを許可するように、McAfee SiteAdvisor Enterprise をカスタマイズできます。

安全な検索

Google、Yahoo、MSN、AOL、Bing などの検索エンジンで検索を行うと、検索結果の横に安全性の評価結果が表示されます。

複数のブラウザー、検索エンジンに対応

Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Internet Explorer のプラグインとして SiteAdvisor を使用できます。

配備と管理が簡単

McAfee ePolicy Orchestrator を使用して、組織内に McAfee SiteAdvisor Enterprise を配備し、管理作業を行ったり、レポートを作成できます。

Microsoft Windows 10の製品サポート対応状況一覧

詳細はこちら

リソース

ソリューション概要

データシート

システム要件

以下の情報は、システムの最小要件です。実際の要件は、ご使用の環境によって異なります。

Operating Systems

  • Windows 8
  • Windows 7 (32-bit and 64-bit) with Service Pack 1 (SP1) RTM
  • Windows XP Professional with SP2 and SP3
  • Windows Vista (32-bit and 64-bit) with SP2 all editions
  • Windows Server 2008 (32-bit and 64-bit) with SP2
  • Windows Server 2008 R2 (64-bit) with SP1 RTM
  • Windows Server 2003 Enterprise with SP2
  • Windows Server 2003 Standard with SP2
  • Windows Server 2003 Web with SP2

Web Browsers

  • Microsoft Internet Explorer 6.0 with SP3 or later (32-bit and 64-bit)
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome

Minimum Hardware

  • 500 MHz processor
  • 512 MB RAM
  • 20 MB free disk space
  • Internet connection

Virtualization Environments

  • VMware ESX
  • VMware Workstation
  • Citrix XenServer
  • Microsoft Hyper-V

Notes: SiteAdvisor Enterprise browser plug-ins are less than 800 KB for all supported browsers.