Intel Security
open

概要

脅威情報を共有して標的型攻撃を阻止

McAfee Threat Intelligence Exchange は、数日~数か月かかるマルウェアの発見から封じ込めをわずか数ミリ秒で行い、最適な脅威対策を実施します。このシステムは、他のシステムに脅威情報をリアルタイムで提供し、新たに発生する脅威から組織のあらゆるポイントを保護します。

McAfee Threat Intelligence Exchange は、McAfee Data Exchange Layer (DXL) を利用して複数の脅威情報源を統合し、他社を含むすべてのセキュリティ ソリューションとデータを迅速に共有します。適応型の脅威対策により、未知のファイルに潜む脅威も検出します。これにより、対応までの時間を短縮し、コストを削減できます。

データシートのダウンロード

複数のセキュリティ コンポーネントを統合

高度な標的型攻撃を迅速に検知

複数の情報源から収集した情報とコンテキスト データを統合することで、より適切な意思決定が可能になり、以前では検出されなかった不正なファイルに対応できます。

グローバルとローカルの脅威情報をリアルタイムで提供

McAfee Global Threat Intelligence、サードパーティ、STIX ファイルからインポートした脅威情報とローカルのセキュリティ ソリューションから収集した情報を統合し、ネットワーク全体でリアルタイムに共有します。

脅威情報エコシステムを構築

McAfee DXL が個々のセキュリティ ソリューションを統合します。マカフィーと他社のセキュリティ製品でデータを共有し、新たな攻撃に対する保護対策を迅速に展開します。

エンドポイント保護を強化

McAfee VirusScan Enterprise モジュールにより、ローカルのエンドポイントの情報と脅威情報を統合し、ファイルの実行条件をより正確に判断できます。また、リスク許容レベルに基づいてポリシーをカスタマイズできます。

セキュリティの総所有コストの低減

既存のマカフィー セキュリティの検出、防止、分析技術を統合することで、脅威を迅速に検出し、組織を保護できるので、コストを削減できます。

マイナンバー制度のスタートで重要度を増す統合セキュリティソリューション

詳細はこちら
セキュリティの統合でスマートな対策を

セキュリティの統合でスマートな対策を

エンドポイント、ゲートウェイ、ネットワーク、SIEM セキュリティ コンポーネントで脅威情報を共有すると、脅威情報をリアルタイムで提供し、標的型攻撃を以前よりも短時間で阻止できます。

インフォグラフィックのダウンロード

リソースライブラリー

システム要件

McAfee Threat Intelligence Exchange consists of the following components:

  • McAfee Threat Intelligence Exchange Server 1.2.0
  • McAfee Data Exchange Layer Client 1.1.0
  • McAfee Threat Intelligence Exchange Module 1.0.1 for VirusScan Enterprise

Additional requirements for McAfee Threat Intelligence Exchange include:

  • McAfee Endpoint Protection
    • McAfee VirusScan Enterprise 8.8, Patch 4 with Hotfix 929019
  • McAfee Security Management
    • McAfee ePolicy Orchestrator 5.1.1
  • Virtualization Infrastructure
    • VMWare ESXi 5.1.0 and above (McAfee Threat Intelligence Exchange Server is a hardened virtual appliance delivered as an OVA that is pre-configured with 16 GB of RAM and 8 CPU)