標的型攻撃リスク評価サービス

効果的な標的型攻撃対策に欠かせない
お客様環境で受けている攻撃状況の把握や、
標的型攻撃で利用される巧妙なマルウェアの影響確認を実施

リスク評価サービスについて

標的型攻撃対策や現状のマルウェア対策製品の見直しを具体的に予定しているお客様を対象に、リスク評価サービスを提供します。お客様のご要望により、メール通信、Web通信の現状評価を実施し、評価レポートを提供します。

レポートの例

評価レポートにはリスク状況の把握に欠かせない以下の項目を含みます。

■外部からの攻撃状況
自社/組織に対して発生している外部からの攻撃状況について確認することができます。
■外部から送信されてくるマルウェアの状況
シグネチャでの検知に加え、サンドボックスやエミュレーションなど高度な検知手法による、巧妙なマルウェアの検知状況も提供します。
【項目】検知名・検知時間・検知プロトコル・危険度、等
■アプリケーション通信状況
自社/組織のアプリケーション通信の状況把握は対策効果を最大化するために重要な情報です。

対象のお客様

メールやWebの通信に含まれる高度なマルウェア対策強化を予定中で現状把握を希望の企業及び組織

お申し込みからご利用・返却・評価報告までの流れ

  • Webフォームにてお申込み お客様
    Webフォームにて、必要事項をご入力ください。
  • 評価サービス日程の調整 お客様&弊社
    フォームを受信後、5営業日以内を目途にに弊社担当よりご連絡差し上げます。
    ※お申込みフォームでご入力いただいた内容の確認と調整をさせていただきます。
    ※評価実施時期は1月以降を想定していますが、12月中の評価実施希望の場合は調整を検討させていただきます。
  • 評価に必要なシステムの発送 弊社
    調整した日程に合わせて発送いたします。
  • 評価の実施 お客様
    評価期間は事前のスケジュール調整により決定
  • システムのご返却と評価レポート提出 お客様
    評価レポートを作成し評価結果の説明を実施します。評価に利用したシステムのご返却。

ご注意事項

  • ・貸出期間に関しては、原則として2週間となります。
  • ・日程に関しては、評価機の空き状況により、ご希望にそえない場合がございます。
  • ・評価機の返送料はお客様にご負担頂きます。
  • ・評価機のお貸出しは、日本国内のみとさせて頂きます。

お申込み

お問い合わせ、お申込みWebフォームはこちらはこちら

ページトップへ戻る