Intel Security
open

McAfee Data Exchange Layer (DXL)

セキュリティ ソリューションの統合で迅速な脅威検出と対応を可能に

ソリューション概要を読む

的確な判断を迅速に

個々のセキュリティ技術やシステムから脅威データを収集するのは簡単な作業ではありません。脅威情報の共有、インシデントの調査、攻撃に対する対応の多くの部分はいまだに自動化されていません。個別の製品の統合には時間がかかり、アップグレード後のメンテナンスは大変な作業になります。McAfee Data Exchange Layer (DXL) を使用すると、複数のベンダーから提供されている個別のソリューションを統合し、迅速なコミュニケーションとコラボレーションが可能になります。このソリューションは、双方向のオープンな通信プラットフォームで、ご使用のセキュリティ ソリューションを 1 つのエコシステムに統合します。

McAfee DXL は、すべての製品に標準化された統合プロセスと通信レイヤーを提供します。専用のアーキテクチャを使用していても問題ありません。オープン ベンダーの製品でも 1 回のセットアップで統合作業が完了します。この拡張性に優れた、迅速で柔軟なソリューションにより、脅威検出と対応の基盤を強化できます。

利点

異なるベンダーの製品を統合するセキュリティ エコシステムを構築
弊社のオープン プラットフォームに異なるベンダーのセキュリティ製品とソリューションを接続し、セキュリティ情報を双方向で共有できます。

TCO の削減と価値の向上
McAfee DXL は、個々のセキュリティ技術を 1 つのシステムに統合します。これにより、運用コストを削減し、セキュリティの管理と脅威対応の負担を軽減できます。手間のかかる作業から貴重なセキュリティ チームのリソースを解放し、より戦略的な仕事に振り分けることができます。

脅威をより迅速に識別
McAfee DXL で接続されたセキュリティ コンポーネントが、コンテキスト情報をリアルタイムで共有し、迅速な脅威対策を行います。

機能

McAfee DXL は、ベンダーやアーキテクチャに関係なく、統合システムに接続しているすべてのコンポーネントから情報を収集します。ポイント製品間のAPI を統合する煩雑な作業は必要ありません。McAfee DXL に統合すれば、環境内で McAfee DXL に接続している他のセキュリティ製品やソリューションと情報を交換できます。各コンポーネントで受信する情報、情報源、公開する情報を設定できます。