McAfee Global Threat Intelligence 技術

オンラインには不正なサイトが存在しています。

McAfee Global Threat Intelligence (GTI) は、異常な動作を検出して Web サイトのレピュテーションを定期的に調整しています。マカフィーの Web セキュリティ製品は、この情報を使用してサイトへのアクセスをブロックし、顧客を保護します。McAfee GTI はまた、広範囲に配備されたセンサーから情報を収集し、Web サイトとマルウェア、メール メッセージ、IP アドレスなどの関係を分析して、関連エンティティのレピュテーションを調整しています。エンドポイント、ネットワーク、ゲートウェイに配備されたマカフィー セキュリティ製品はこの情報を使用してサイバー脅威を阻止し、ユーザーを保護しています。McAfee GTI は、業界で最も包括的な脅威情報を提供します。マカフィーでは、ファイル、Web、メッセージ、ネットワークなどすべての脅威ベクトルの状況を把握し、IT 業界で最も速く新しい脆弱性を検出しています。世界中に配備された数百万台のセンサーから情報を収集し、相関分析を行ってマカフィーのセキュリティ製品に提供しています。これにより、リアルタイムで脅威を検出し、阻止しています。

McAfee GTI には次のクラウド ベースのサービスがあります。

  • McAfee GTI ファイル レピュテーション
  • McAfee GTI Web レピュテーション
  • McAfee GTI Web カテゴライゼーション
  • McAfee GTI メッセージ レピュテーション
  • McAfee GTI ネットワーク接続レピュテーション

McAfee Global Threat Intelligence - 正しい利用方法
Global Threat Intelligence を効果的に利用するため、マカフィーでは次の 6 つの原則を実践しています。

  1. インターネット全体に広がるフットプリントを維持する。数百万台のセンサーを配備し、脅威情報を収集しています。
  2. すべての脅威ベクトル (ファイル、Web、メッセージ、ネットワーク) のデータを収集し、相関分析を行う。
  3. 情報の収集と脅威情報の配信をクラウド経由でリアルタイムに行う。
  4. レピュテーションに基づく脅威情報を提供する。
  5. 脅威情報をすべてのセキュリティ製品を統合する。
  6. 脅威の調査研究を専門的に行う世界的な研究チームがプロセス全体を支援する。

組織のインターネット接続ポリシーで McAfee GTI を利用できない場合には、担当のアカウント マネージャーにお問い合わせください。無料の仮想プロキシ サーバーである McAfee Global Threat Intelligence Server をご紹介します。このサーバーはクラウド間の双方向通信にも対応しています。

McAfee Global Threat Intelligence のファイル、Web、メッセージ、ネットワーク接続技術の詳細をご確認ください。