日本語 Consumer

数百万人のユーザーが Android のバーコードをスキャンするアプリに起因するマルウェアの影響を受けている

私たちの誰もが気付いているように、出かけるときはいつでもスマートフォンを携帯しています。経路検索、スケジュール、ショッピング、割引、銀行取引など、日常生活のあらゆることをナビゲートしてくれる便利なものです。そして、スマートフォンへの依存度が高くなるに従い、ハッカーが注目するようになるのも当然です。今回は、アプリそのものが不正なアプリになってしまうケースです。 無実のスキャナーがマルウェアのスーパー スプレッダーに豹変 ダウンロード数が1,000万回を超える Barcode Scannerアプリでは、基本的な QR コード リーダーの機能とバーコード生成機能が提供され、ネットでの購入や割引の利用などに役立っています。その結果として最も起こり得ることが、最新のニュースで報告されています。Android の Barcode Scanner アプリに由来するマルウェアが組み込まれた、広告を生成してマルウェアを配信し始めるアプリ が確認されたのです。これまで Barcode Scanner は安全で無害なものでしたが、最新の更新を実行する前にハッカーが悪意のあるコードをアプリに挿入し、Android デバイスにマルウェアを送り込んだと考えられています。アプリがインストールされると、マルウェアによりデフォルトの Web ブラウザーが乗っ取られ、無作為の広告にリダイレクトされます。...

日本語 Consumer

パンデミックで大きな影響を受けた女性を支援する

パンデミックで大きな影響を受けた女性を支援する 現在、米国内で何らかの職に就いている女性と仕事を探している女性を合計した割合は 57% しかありません。これは、1988年以降で最も低い数値です。 このデータは、今回のパンデミックにおける厳しい状況を示す多くのデータの1つにすぎません。このパンデミックは、数百万人にもおよぶ人々の雇用に影響していますが、最も大きな影響を受けているのは女性たちです。 米国労働統計局 (BLS) の調査によると、今回のパンデミックが始まってから 2021年1 月までの間に、約230万人の女性が仕事を辞めました。その一方で、同じ期間中に仕事を辞めた男性は約180万人でした。どちらも、米国内での統計値です。 世界では、中国、イタリア、日本、韓国、英国において、さまざまな所得層を対象として調査が行われていますが、これを米国のデータと合わせて見てみると今回のパンデミックによって完全に仕事を辞めた人の割合は、男性に比べて女性の方が 24% も高いということがわかりました。 3月8日は国際女性デーですが、この機会に、勤勉で能力のある女性たちの多くが仕事を辞めざるを得ないという事態を食い止めるためにはどうすればいいのか、改めて考えてみる必要があります。 パンデミックによって仕事を辞める人の割合は、男性よりも女性の方がはるかに高い BLSの統計データをさらに詳しく見てみると、今回のパンデミックが始まってから、米国だけでも合計 4,637,000 件におよぶ女性向けの就業機会が失われたことがわかります。分野としては、管理職、小売業、教育機関、公共サービスなど、多岐にわたっています。25 歳から44 歳までの女性のうち、約3分の1が、育児のために仕事を辞めたと回答しています。...

日本語 Consumer

オンライン上の個人情報、財産、セキュリティを守る10の方法【サイバーセキュリティ月間】

オンライン上の個人情報、財産、セキュリティを守る10の方法【サイバーセキュリティ月間】 ネット上で仕事をしているときや、インターネットバンキングを利用しているとき、オンラインショッピングをしているとき、あるいはオンラインで番組をストリーミングしているときに、ネット上の脅威にさらされることを心配している人も多いでしょう。 この記事で紹介するセキュリティを守る方法を見れば、ハッキングやサイバー攻撃、悪意のある第三者から保護され、お使いのデバイスを安全な状態に保つことができます。 2月1日~3月18日に実施される「サイバーセキュリティ月間」を機に、サイバーセキュリティに関する知識を身につけましょう。   サイバーセキュリティ月間とは? 「サイバーセキュリティ月間」は2010年から始まった取り組みで、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)や、警察庁、総務省、文部科学省、経済産業省が協力し、情報セキュリティに関する認知拡大を目的にセミナーや研修などのイベントが開催されています。 NISCは、2021年は2月1日~3月18日までをサイバーセキュリティ月間と定め、人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」とタイアップしてこの取り組みをPRしています。   オンライン上の個人情報、財産、セキュリティを守る10の方法 1. パソコンを保護する まずは、基本的なことから始めましょう。デスクトップパソコンやノートパソコンを強力に保護しましょう。基本的なアンチウイルス対策だけではなく、マカフィー® トータルプロテクションのような包括的なセキュリティソフトウェアを使用することで、最新の脅威やマルウェアから家族全員を守り、より安全にウェブを閲覧できるようにします。これにより、詐欺師やハッカーからの攻撃を回避し、プライバシーにも配慮することができます。   2. スマホやタブレットを保護する 通話やメール以外にも、私たちはスマートフォンを色々な用途で使用しています。決済アプリで送金をしたり、アラームをセットしたり、照明を点けたり消したり、玄関に誰がいるか確認する「ユニバーサルリモコン」として使ったりしている人もいるでしょう。Android端末、iOS端末に関わらず、あなたのスマートフォンやタブレットにセキュリティソフトウェアをインストールすることで、彼らがアクセスして制御するすべてのものを保護することができます。   3....

日本語 Consumer

より安全なオンライン環境を実現するための 7 つの問いかけ

インターネットに関する「率直な話し合い」: より安全なオンライン環境を実現するための 7 つの問いかけ 安全なオンライン環境を実現するためには、インターネットに関する「率直な話し合い」を行う必要があります。 「率直な話し合い」とは、 インターネットにアクセスする場合に、「実際に」どれだけ安全であるかについて率直な意見交換をするということです。どれだけ安全だと「思うか」ということではありません。 この 2 つには、大きな違いがあります。セキュリティに関するユーザーの意識調査 (2021 年) を見ても、それがわかります。 米国に住む 3 人に 2 人 (66%) が、現在のサイバー環境におけるリスクに不安を感じていると回答しています。2010...

Subscribe to McAfee Securing Tomorrow Blogs