クリストファー・ヤング

最高経営責任者

クリストファー・ヤング (@youngdchris) は McAfee, LLC. の CEO です。 大切なものを守るため、業界で最も優秀な人材とともに、サイバーセキュリティの強化と発展に努めています。

2014 年にインテルに入社。その後は McAfee の分社化を主導し、世界最大のセキュリティ専業会社の設立に尽力しました。 独立した企業となった McAfee は、明確なミッションとロードマップに従ってサイバーセキュリティの強化と革新に努めています。

ヤングが率いる McAfee は、Fortune 100 の 9 割、Global 2000 の 3 分の 2 以上の企業で採用され、ビジネスに不可欠な重要なシステムとデータを保護しています。 政府機関や様々な団体でも使用され、McAfee のユーザー数は 4 億人に達しています。

ヤングは、国家保障通信諮問委員会 (NSTAC、National Security Telecommunications Advisory Committee) の委員に選ばれ、国家の安全保障と緊急対応通信に関する政策について大統領と行政府に助言を行っています。 また、脅威インテリジェンスの共有を推進する Cyber Threat Alliance の設立に携わり、現在、この非営利団体の役員を務めています。

ヤングは、著名なセキュリティ専門家です。 テレビやラジオの取材、執筆活動を通じて、変化の激しい業界での 20 年以上にわたる経験と知識を伝えています。 Mobile World Congress、RSA、イスラエルの Cyber Week など、世界的なイベントでサイバーセキュリティに関する講演を行い、セキュリティの強化や意識改革に役立つ情報を提供しています。

インテルの前は、Cisco、RSA (現在は Dell EMC の一部門)、AOL でサイバーセキュリティ事業を推進しました。 また、VMware ではエンドユーザー コンピューティング事業を担当し、Cyveillance を共同で設立しました。

現在は、American Express と Snap Inc. の役員も務めています。サイバーセキュリティのデータ分析会社である Rapid7 では役員として IPO を経験しています。 また、プリンストン大学評議会の委員も務めていました。

プリンストン大学を優秀な成績で卒業し、ハーバード ビジネススクールで MBA を取得しています。