クラウドセキュリティの責任共有モデル

クラウドセキュリティに関しては、関係者すべてが何かしらの責任を負います。使用されているシステムにより、様々な人が責任を共有することになります。
多くのアナリストは、クラウドセキュリティにおける責任共有の重要性が増していることを警告しています。例えば Gartner は「2023 年までは、クラウドセキュリティに関して発生する問題の99% は顧客側の原因によるものだろう」と警告しています。
本レポートでは、クラウドのセキュリティ保護の範囲を説明するために、クラウドセキュリティ要件を9つの領域に分割し、各領域が確実に対処されるようにする方法を解説します。

wp-mvision-cloud-360-shared-responsibility-model-1