グラント・バージカス

クリストファー・ヤング

最高情報セキュリティ責任者 (CISO) 兼 McAfee Labs 運営担当バイス プレジデント

グラント・バージカスは、最高情報セキュリティ責任者 (CISO) 兼 McAfee Labs 運営担当バイス プレジデントです。 CISO として、セキュリティ アーキテクチャとソリューションの配備、セキュリティ ガバナンス、リスクと脆弱性、セキュリティ オペレーションとインテリジェンス プログラムなど、McAfee のサイバーセキュリティと物理的なセキュリティの戦略をリードしています。 McAfee を保護するため、McAfee Endpoint Security、McAfee Advanced Threat Detection、セキュリティ/イベント管理、クラウド セキュリティ製品を実装し、運用しています。 McAfee Labs 運営担当のバイス プレジデントとしては、脅威インテリジェンス データのテレメタリング、コンテンツの生成と配信、McAfee の顧客への分析情報の提供を担当しています。

McAfee の前は、19 年間にわたり、サイバーセキュリティ戦略、アーキテクチャ、エンジニアリング、オペレーション業務に携わってきました。 Fortune 500 のゲーム会社、大手金融サービス企業、証券会社、Fortune 500 の重要インフラ管理会社でセキュリティの最高責任者 (CISO) を務めてきました。 バージカスは、公認会計士としてサイバーセキュリティ戦略と診断を行う大手コンサルティング会社でキャリアをスタートさせました。

バージカスは、ミズーリ大学セントルイス校から会計学の学士号を取得し、公認会計士の資格を得ています。 現在は、南メソジスト大学でデータサイエンスと機械学習の修士号の取得を目指しています。 また、Computerworld 誌の「40 Innovative People to Watch, Under the Age of 40」にも選ばれています。