ダイバーシティとインクルージョン

背景

business-discussions-2males-laptop-2

マカフィーはダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいます。 よりスマートで、創造的、革新的なビジネスを展開する上で、ダイバーシティは欠かせない要素です。 マカフィーでは、多様なチームの洞察力とリーダーシップが真のイノベーション、創造性、戦略的なソリューションをもたらすと考えています。 ダイバーシティを推進することで、さまざまな経験や考え方を持つ人材が集まり、より付加価値の高いソリューションの提供が可能になります。

マカフィーにおける重要性

マカフィーでは、あらゆる面で多様性を重視しています。 性別、人種、宗教、性的指向、背景の異なる人が集まることで、様々な情報、経験、見解、意見を集めることができます。 固定観念に縛られず、膠着を打破することで、スマートで創造的、かつ革新的なソリューションを生み出すことができます。

しかし、組織でダイバーシティとインクルージョンを実現するのは簡単なことではありません。それぞれの原理を尊重しながら、最高の結果を残さなければなりません。 大規模で革新的な企業を調べてみると、その多くが性別と人種の多様性を収益の向上につなげています。 多様なインシデント対応チームの様々な視点がサイバー インシデント対応に役立つことは想像に難くありません。 ダイバーシティとインクルーションの実現は、よりスマートで創造的、革新的なソリューションを生み出すために欠かせません。

ダイバーシティとインクルージョンに対する私たちのコミットメントはビジネス上の目的に留まるものではありません。 誰もが自分の考えやアイデアを自由に語り、働きやすい環境を整えるのも企業の責任です。 ダイバーシティとインクルージョンは、マカフィーの企業文化の基盤形成を促進します。

キーポイント

  • マカフィーでは、McAfee コミュニティという名前の社員グループを立ち上げています。
  • マカフィーは、ダイバーシティとインクルージョンをグローバル ダイバーシティ戦略として推進しています。

    • 教育: ダイバーシティ トレーニングを行い、ダイバーシティを尊重し、活用する能力を向上させるために必要な情報やツールを提供しています。 マカフィーでは、意識の向上と行動変更に必要なトレーニングを継続的に実施していきます。
    • 雇用の実践: ダイバーシティの実現のため、採用は重要な活動となります。 採用担当者は担当部門の状況を把握し、内部的な目標を設定しています。 採用責任者には、募集職種に対して多様な候補者リストが提示されます。 公平性を維持するため、面接担当者も多様なメンバーから構成されていなければなりません。 また、多様な人材を引きつけ、確保するため、ダイバーシティ雇用慣行と戦略を実践するため専任の担当者を任命しています。
    • 戦略的パートナーシップ: 明日のサイバー セキュリティを担う人材の育成も重要です。 この課題を解決するため、大学との提携を強化していきます。 多様な人材を輩出している大学と強力なパートナーシップを築くことで、優れた人材を確保するだけでなく、将来のニーズにも対応できる人材の育成を推進していきます。
    • 企業目標との整合性: ダイバーシティとインクルージョンに対する取り組みを明示するため、ダイバーシティの目標値を企業目標に組み込みます。 今年の人事考課では、ダイバーシティの目標達成に対する成果も評価対象となります。 マカフィーの社員はすべてダイバーシティの実現に向かって真摯に取り組んでいきます。
  • マカフィーは、ダイバーシティとインクルージョンを積極的に促進する方針を掲げています。 私たちは社内に留まらず、州、連邦レベルでの差別にも反対します。 グローバル企業であるマカフィーには優秀な人材が揃っています。 多様で包括的な企業風土がこのような人材を惹きつける要因となっています。